シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

佐倉市民花火大会2017の穴場スポットと口コミ!花火が見える場所7選

      2017/07/01

佐倉市民花火大会

「今年の花火大会はどこに行こうかなぁ」

いくつか候補の花火大会があっても、最終決定するのには少し悩みます。そこで、今年おすすめしたい花火大会の一つが、千葉県佐倉市で開催される「佐倉市民花火大会」です。

佐倉市民花火大会は千葉県の印旛沼湖畔で行われる花火大会で、歴史も古く、千葉県内では上位クラスの規模の花火大会です。ここでしか見られない花火もあり大満足できる花火大会ですが、佐倉市民花火大会って実は穴場だったりするんですよね。

8月の第一土曜日はなんと、関東県内でも有名どころの花火大会と日程が重なっているのです。花火大会なので混雑はしますが、佐倉市民花火大会は他より来場者数が多くないので、花火大会自体が穴場となっています。

そんなオススメの佐倉市民花火大会の鑑賞穴場スポットや口コミをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

 


スポンサーリンク


 

佐倉市民花火大会の歴史と見所

 

佐倉市民花火大会の歴史は昭和31年に「佐倉樋之口橋納涼大会」としてスタートしました。昭和41年からは「印旛姫の宮奉納花火大会」と改称し、昭和44年には関東一の二尺玉4発を打ち上げ、県内初の試みとなりました。

昭和53年から「印旛沼花火大会」平成元年からは「印旛沼国際花火大会」と改名し、ヨーロッパ4カ国が参加する国際的な花火大会となりました。しかし、平成17年には景気低迷やゴミ問題などの原因で中止されてしまいました。

市民や多くのファンからの要望が募り、平成19年「佐倉市民花火大会」として生まれ変わりました。

佐倉市民花火大会では上空500mでの直径500mの大輪を咲かせる2尺玉4発、10分間音楽に合わせて6000連発打ち上げられる「ビッグプレミアムスターマイン」、水上花火、手筒花火、内閣総理大臣賞受賞の野村花火工業の尺玉30連発などが見所です。

野村花火工業は「日本一」とも言われており、2017年佐倉市民花火大会に初参戦します。関東ではなかなか見られない花火も多く、見所満載です。

佐倉市民花火大会2017年 基本情報

花火大会名:佐倉花火フェスタ2017(第57回佐倉市民花火大会)
打上玉数:1万6000発
開催日時:2017年8月5日(土) 19時〜20時半 ※荒天の場合、翌日まで順延
有料観覧席:S会場、かしま会場
有料観覧席 料金・予約:1000円〜2万円(席の場所・数、椅子の有無、駐車場の有無、送迎の有無により料金が異なります)チケットはローソンチケット(Loppi)にて販売されています。
屋台出店:あり
トイレ:16ヶ所
開催場所:佐倉ふるさと広場周辺/印旛沼湖畔(佐倉市臼井田2714)
アクセス方法:京成臼井駅から徒歩30〜40分、京成佐倉駅から徒歩40〜50分
駐車場:会場周辺に一般の駐車場はなし
交通規制:当日17時半〜21時半まで会場周辺では車両通行止を行う予定
問合せ先:佐倉市民花火大会実行委員会 043-486-6000(佐倉市観光協会内)

佐倉市民花火大会2017年 プログラム

開会式 19:00〜
手筒花火 19:05〜
打ち上げ時間 19:20〜20:30終了

 


スポンサーリンク


 

佐倉市民花火大会2017の打ち上げ場所

佐倉市民花火大会2017年の打ち上げ場所は、印旛沼沿いの佐倉ふるさと広場より少し舟戸大橋方向に向かった場所です。打ち上げ現場は設営や撤去作業のために4日午前9時〜7日正午までサイクリングロードが通行止めとなっています。

 

佐倉市民花火大会2017の穴場スポット7選

佐倉市民花火大会の穴場をご紹介します。
佐倉市民花火大会自体が穴場なんて言われていますが、その中でもおすすめの穴場スポットです。

穴場1:佐倉城址公園

佐倉城趾公園はさくらの名所とされていますが、敷地も広いので花火鑑賞の穴場スポットでもあります。レジャーシートを敷いてゆっくり見ることができます。

穴場2:印旛沼サンセットヒルズ

印旛沼サンセットヒルズではオートキャンプ場でBBQをしながら、または芝生広場での有料観覧席から花火を見ることができますが、徒歩か自転車で行けば無料で花火を楽しむこともできます。

穴場3:京成本線線路沿い

線路沿いは遮るものがなく、視界がいいので花火を楽しめる穴場スポットとなっています。線路沿いを歩きながら空いているスペースを確保すればレジャーシートを敷いてゆっくりみれますね。

穴場4:イオン臼井駅前店の屋上

佐倉市民花火大会2017の日はイオンの屋上を駐車禁止にし、一般開放されています。低い花火は見れませんが、視界がいいので打ち上げ花火は十分に楽しむことができます。屋台も出て、イオンにはトイレもあるので安心して花火に集中できますね。

穴場5:印旛手賀自然公園

駅から徒歩だと50分ほどかかりますが、打ち上げ場所の印旛沼の対岸なので視界に遮るものが何もなく、絶好の穴場スポットです。

穴場6:印旛沼公園周辺

こちらも打ち上げ場所の対岸となるので視界良好であり、花火が印旛沼に反射している姿も見ることができます。この辺りも交通規制されるので車では行けません

穴場7:岩名運動公園

駅から徒歩30分ほどなので、会場付近まで行くよりは少し近いですね。こちらも広い公園なので、ゆっくり佐倉市民花火大会2017を満喫できる穴場スポットです。

 

佐倉市民花火大会の口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐倉市民花火大会の口コミですが、悪く書いている人は1人もいませんでしたね。駅から結構歩くので、少し大変だという口コミはありましたが、印旛沼周辺は麦畑でどこでも視界が良いので見れる場所がたくさんあります。

また、佐倉市民花火大会は1万6000発と千葉県でも上位クラスの規模の花火大会です。音楽と花火のコラボレーションや手筒花火、水上花火は関東でも珍しいので、満足できること間違いなしですね。

 

いかがでしたでしょうか。佐倉市民花火大会2017の良さが伝わったでしょうか。私は小さい子供がいて、そろそろ花火大会に行きたいなーと思っているのですが、佐倉市民花火大会はゆっくり見られる穴場が多いので行って見たいと思いました。

大規模で有名な花火大会ほど、やはり人も多く、なかなか見る場所を確保するのも難しかったりしますよね。昔、某有名花火大会に出掛けましたが、人は多いし、建物ばかりであまり花火は見れないし、規制が激しくておまわりさんが「止まらないでください」と必死に叫び続けている、なんてことがありました。

有名は花火大会の雰囲気もいいですが、佐倉市民花火大会ではレジャーシートでも敷いてのんびり花火を見るか、BBQをしながら花火を見るなんていうのも素敵ですよね。

どこに出掛けるにしても、きっと人は多く暑いと思いますので、しっかりと水分補給をしながら、楽しんでみてください。

 


スポンサーリンク


 

 - 地域・イベント, 花火大会 , , ,