シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

お風呂のタイル掃除法!目地の黒ずみや水垢除去に効果的な3つの落とし方

   

お風呂のタイル掃除法!目地の黒ずみや水垢除去に効果的な3つの落とし方

バスタイムは1日の疲れを癒す大事な時間ですから、お風呂のタイル目地に黒ずみや水垢汚れが目に入ると、ちょっと興ざめですよね。

新築の頃は真っ白だったはずのお風呂のタイル、ふと気がついた時にはタイルの目地が黒ずみと水垢だらけで、慌てて掃除をしたなんて経験ありませんか。

お風呂用洗剤でこすってもなかなか落ちないのがこの黒ずみと水垢です。しつこく残ってしまいどうしたらいいのか、途方にくれますよね。

ここでは、そのお風呂のタイルの黒ずみ水垢を落とす掃除方法を具体的にまとめましたので、お掃除の参考にしてくださいね。

お風呂のタイル掃除法!目地の黒ずみや水垢除去に効果的な3つの落とし方

 


スポンサーリンク


 

① 黒ずみ汚れや水垢の原因

タイル

1.黒ずみの原因
黒ずみの原因、カビだと思われる方が多いのではないかと思います。
実は、この黒ずみの正体はカビだけではなかったのです。

毎日お風呂を使う度に人の体から出る皮脂汚れやシャンプーの石鹸カスが蓄積され、頑固に落ちなくなったものがその正体です。

 

2.水垢の原因
白色の、もやもやした水垢やザラザラする水垢は水道水に含まれるカルシウム石鹸が付着し、水分が蒸発した後に残った成分がこびり付いたものです。

成分が結晶化してしまっているため、普通にこすり洗いしただけではまた汚れが浮き出てきてしまいます。

こんな頑固な汚れを落とす幾つかの方法をご紹介しますので、
参考にしてみてください。

 

② 使用する洗剤や道具

掃除用具

黒ずみの場合

●洗剤
黒ずみの掃除には「重曹」を使いましょう。黒ずみの原因である皮脂汚れ、石鹸カスは酸性です。酸性の汚れにはアルカリ性の「重曹」が効果的です。

●使い方
100mlの水に対し重曹小さじ1杯を溶かし、スプレーボトルに入れます。黒ずみに吹きかけ、ティッシュペーパーかラップでカバーし半日ほど放置した後スポンジでこすりながらシャワーで流します。

●道具
・ゴム手袋
・マスク
・ゴーグル
・ティッシュペーパーもしくはラップ
・スポンジ

 

水垢の場合

●洗剤
水垢の掃除には「クエン酸」を使いましょう。水垢の原因である水道水に含まれるカルシウム、石鹸カスなどの汚れはアルカリ性です。こちらには酸性の成分が効果的です。

ここではお掃除に使いやすい「クエン酸」をご紹介します。「クエン酸」には水道水のカルシウム成分や石鹸カスを溶かす効果があります。

●使い方
100mlの水に対し重曹小さじ1/2杯を溶かし、スプレーボトルに入れます。水垢に吹きかけ、ティッシュペーパーかラップでカバーし半日ほど放置した後スポンジでこすりながらシャワーで流します。

最後にタオルで水分を拭き取ることも大切です。これにより、水道水の成分であるカルシウムが付着し、白い水垢が付着することを防げます。

●道具
・ゴム手袋
・マスク
・ゴーグル
・ティッシュペーパーもしくはラップ
・スポンジ
・タオル

今回ご紹介する『重曹』と『クエン酸』ですがどちらも、有害な成分を含まない安全なものです。

しかし、手荒れや、掃除の際にカビ成分を吸い込んだり、水滴が目に入る危険性もありますので、ゴム手袋、マスク、ゴーグルは用意してくださいね。

 


スポンサーリンク


 

③ お風呂のタイルの掃除法と手順

 黒ずみの掃除法と手順

1.重曹水を黒ずみにスプレーする。
2.特に汚れが気になるところには重曹の粉末を撒く。
3.ティッシュもしくはラップでカバーして半日ほど放置する。
4.スポンジでこすりながらシャワーで流す。

 

 水垢の掃除法と手順

1.クエン酸水を水垢にスプレーする。
2.水垢が特に気になるところにはクエン酸の粉末を撒く。
3.上からティッシュもしくはラップでカバーして半日ほど放置する。
4.スポンジでこすりながらシャワーで流す。
5.タオルで水分を拭き取る。

 

 さらにひどい汚れの掃除法と手順

1.クエン酸水をスプレーする。
2.汚れがひどい部分にはクエン酸の粉末を撒く。
3.その上に重曹の粉末を撒く。
4.上からティッシュペーパーもしくはラップでカバーして半日
ほど放置する。
5.スポンジでこすりながらシャワーで流す。
6.タオルで水分を拭き取る。

どの方法も放置した後は汚れの落ち具合を確認して、まだ落ちていない部分はスポンジなどでこすると良いでしょう。

最後はシャワーで流し、タオルで拭きあげましょう。

 

④ お風呂のタイルの黒ずみと水垢の予防法

温度
お風呂から上がる前に毎日40〜45度のシャワーをお風呂場全体にかけて流しましょう。

湿度
掃除後はできるだけ水分を拭き取りましょう
浴室に換気乾燥機があれば、積極的に使いましょう。

黒ずみの予防法

石鹸カス
黒ずみの原因の一つである、石鹸カスは40度〜45度の高い温度のシャワーで流すことで汚れが残りにくくなります。

皮脂汚れ
黒ずみのもう一つの原因の皮脂汚れも高温のシャワーで流すことで落とすことができます。

お風呂に入った後は汚れが浮き上がり、落としやすい状態ですので高温のシャワーでお風呂場全体を流しましょう。

 

水垢の予防法

水垢の原因にもなる石鹸カスは黒ずみの予防法と同様40度〜45度の高い温度のシャワーで流すことで汚れが残りにくくなります。

水垢の原因である水道水のカルシウム成分は、水分が残っている状態にしておくと白い結晶となり付着してしまいます。水分をふき取ることでそれが防げます。

お風呂場を乾燥させることも重要です。換気をして湿度を下げましょう。

 

まとめ:お風呂のタイルの黒ずみと水垢を除去する3つの落とし方

いかかでしたか?
「お風呂のタイルの黒ずみと水垢の除去」をテーマにご紹介してきました。

最後にもう一度お風呂のタイルの黒ずみと水垢に関する6つのポイントを確認しておきましょう。

1. 黒ずみの原因は石鹸カスや皮脂汚れ。
2. 水垢の原因は水道水のカルシウム成分、石鹸カスなど。
3. 黒ずみには重曹を。
4. 水垢にはクエン酸を。
5. ひどい汚れには重曹とクエン酸を。
6. 予防には高温シャワー、水分の拭き取り、乾燥。

 

汚れの成分を知り、それにあった洗剤を使うことでお掃除の効果も変わってきます。

1日の疲れと汚れを落とし、リラックスしたバスタイムを過ごすために、適切な洗剤を選んで清潔を維持していきたいものですね。

 


スポンサーリンク


 

 - 掃除・洗濯 , , , ,