シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

お中元・お歳暮の時期やお返しはいつからいつまで?暑中見舞いとの違いとは

      2017/06/14

お中元時期

つい最近、結婚した友人から「お中元とかお歳暮って、いつまでに贈ればいいの?」と連絡がありました。

結婚後、「旦那の仕事の関係もあって、お中元やお歳暮のこと、考えなきゃいけなくなった」と嘆いていたのです。

そういえば、子どもの頃、お中元やお歳暮が届いた時、ただ喜んでいただけで、大人にどういうものか聞いていなかったことに気付きました。

今大人になって、私のように「お中元やお歳暮の意味や準備する時期はいつだろう?」と、疑問を感じている方は多いのではないでしょうか?

ということで、お中元・お歳暮の時期やお返しはいつからいつまでか、また、暑中見舞いとの違いは何か、一緒に確認していきましょう。

 


スポンサーリンク


 

お中元とは?

お中元熨斗

お中元の由来は、古代中国の「道教」の習わし「三元」が基になっています。

三元とは、旧暦の1年を「上元」1月15日、「中元」7月15日、「下元」10月15日と3つに分けた日の名称です。

そして、1年の真ん中にあたる中元に「人間贖罪(しょくざい)の日」と定め、人間の罪と苦しみからの解放を神に祈る日として、祭りを行ってきました。

その習わしが、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」(お盆)と混ざりあい、中元は先祖を供養する日に変化していったのです。

それが日本に伝わり、江戸時代頃から、お盆の時期に親戚や知り合いの家に訪問し、お互いに贈り物のやりとりをする習慣となっていきました。

現在では、夏の暑い時期に、お世話になった方々への感謝と健康を祈る気持ちを伝えるために、贈り物を届ける行事として広く定着しています。

思えば夏になると、親戚が家に来て、仏壇に線香をあげて供物を上げていました。この習わしが基になっていたんですね!

お中元と暑中見舞いの違いとは?

そういえば、贈り物の中で、熨斗紙に「お中元」と書いてある物と「暑中見舞い」と書いてある物の二種類ありますよね。

私は、お中元は贈り物、暑中見舞いは「かもメール」というハガキを送ることだと思っていたので不思議でした。

実は、この場合の「暑中見舞い」とは、ハガキのことではないんです。

お世話になった方へ感謝と健康を祈る気持ちで贈り物をすることを指します。
なので、お中元の意味合いと同じことになるんですよ。

では、「お中元」と「暑中見舞い」二つの言葉の違いは何でしょうか?

これは贈る時期に違いがあるんです。あと、地域によっても違いがあります。

《東日本地域》
お中元  :7月1日~7月15日
暑中見舞い:7月16日~8月15日
残暑見舞い:8月16日~9月上旬

《西日本地域》
お中元  :7月15~8月15日
残暑見舞い:8月16日~9月上旬

このように、贈る時期や地域の違いで、熨斗紙の表書きが変わってきます。
贈り先の方が住んでいる地域を確認し、時期に合わせた言葉を熨斗紙に書くようにしましょう。

 

お歳暮とは?

お中元感謝

歳暮」とは、年の暮れという意味をあらわす言葉です。

江戸時代、年の暮れに先祖の霊を供養する祭りを行い、年明けに年神様(年明けの神様)を迎え祝い事をする風習がありました。

その時に、分家として独立した息子や嫁いだ娘が、本家に供え物を持ち寄り共に過ごしたのです。

また年の暮れに、商人が仕入先に支払をする時に、日頃の感謝と翌年の挨拶を兼ねて贈り物をする風習もありました。

この二つの風習が重なり、新年の神様や先祖への供え物、また、お世話になった方々へのお礼の意味合いも兼ねて、年の暮れに贈り物をするようになりました。

その習わしが「お歳暮」として、現在へと引き継がれています。

「お歳暮」って、そういう意味があったんですね。
今年は嫁いだ娘として、実家の仏壇に感謝の気持ちのお供えをしようと思います!

 


スポンサーリンク


 

贈る時期はいつまで?

お世話になった方に、感謝の気持ちで贈るお中元やお歳暮。
せっかく贈るなら、相手の方には気持ちよく受け取って欲しいですよね!
では、お中元やお歳暮を贈る時期はいつまでか、一緒に見ていきましょう。

お中元和服

お中元を贈る時期はいつまで?

年々、関東圏に合わせてお中元を贈る時期が早くなっています。詳しい時期は次の通りです。

《北海道》
7月15日~8月15日
北海道の贈る時期は1ヵ月と長いです。でも、関東圏から早めに届くことがあるからか、年々7月中に贈る方が多くなってきています。

《東北・関東》
7月1日~7月15日
お中元を贈る時期は7月初旬から2週間程度の期間しかありません。ですので、デパートでは6月半ば頃からお中元商戦が始まります。

《北陸》
7月1日~7月15日
北陸地方のほぼ全域で関東圏に合わせた時期になっています。ですが、能登地方だけは、7月15日~8月15日と遅い時期となるため、注意が必要です。

《東海・関西・中国・四国》
7月15日~8月15日
他の地域より早めに届くことが増えてきたため、お中元を早めに贈る方が多くなってきました。大体7月半ば頃までに贈り届けることが多いです

《九州》
8月1日~8月15日
一般的に、8月に入ってから贈ることが多いです。ですが、他の地域が7月中に贈る傾向にあるため、九州でも年々贈る時期が早まってきています。

《沖縄》
2017年9月3日~5日(旧暦のお盆3日間)
実は、沖縄だけは、全く基準が違います。
お中元は、旧暦のお盆に合わせて3日間のみ贈ることができます。
ちなみに向こう5年分は以下の通りです。

〈旧暦のお盆3日間〉
 2018年:8月23日~25日
 2019年:8月13日~15日
 2020年:8月31日~9月2日
 2021年:8月20日~22日

沖縄は、毎年お中元を贈る時期がバラバラですね。びっくりしました!
沖縄の場合は、お中元を贈る時期が毎年違うので、慎重に時期を確認する必要がありますね。

《お中元を贈る時期を逃した場合の熨斗紙の書き方》
お中元の時期が7月15日で終わる地域に対し、7月16日~8月15日に贈る場合は「暑中見舞い」と書き、8月16日以降に贈る場合は「残暑見舞い」と書きましょう。

【暑中見舞いの時期はいつ?】
2016年暑中見舞いの時期はいつからいつまで?残暑見舞いとの違いは?

お歳暮を贈る時期はいつまで?

では、お歳暮を贈る時期はいつまでか、地域ごとに詳しく見ていきましょう。

《北海道・東北・北陸・東海・関西・中国・四国・九州》
12月10日~12月20日

《関東》
12月1日~12月20日

《沖縄》
12月1日~12月25日

地域によって違いがありますが、お歳暮は年の瀬で忙しくなる前、12月20日頃までに贈ることが望ましいようです。

ですが、魚介類などの生鮮品は、お正月に食べることも多いので、12月末頃までに贈るといいですね。

「お歳暮」の、熨斗紙は12月末までに届く品物にはつけることができます。
もし、この時期を逃してしまった場合は、熨斗紙に次のように書いて贈りましょう。

1月1日~7日まで :御年賀(関西は1月1日~1月15日まで)
1月8日~2月4日まで:寒中見舞い、寒中御伺(目上の方向け)

新年の挨拶と合わせて贈ってもOK!この場合も、なるべく早めに贈るようにしましょう。

 

お返しの時期はいつまで?

お中元悩む

先日、嫁いだ妹が「お中元が届いたんだけど、お返しってどうすればいいの?」と悩んでいました。

では、お中元やお歳暮のお返しを贈る時期はいつまでなのか、一緒に確認していきましょう。

お中元のお返しはいつまで?

お中元のお返しはいつまでにすればいいのでしょうか?

実は、お中元のお返しは基本的には必要ありません。

ですので、お中元をいただいたら、まずは贈ってくれた方に「お中元が無事に届いた」ことをお礼と共に伝えましょう。

届いたのに、放っておくのはNGです。

贈る側に立てば「無事に届いただろうか?」と、いつまでも気になり不安ですよね。

伝える方法は、電話が一番早いですが、お礼の手紙を書いて送っても大丈夫。
どちらの場合も、届いたらすぐに行うのがベストです。

お中元のお返しは必要ないといっても、品物でお返しをしたい場合もありますよね。

その場合は、いただいた物の半額から同額程度の物を選びましょう。
なぜなら、高額な物でお返しすることは「もういりません」という否定の意味になるからです。

そして、贈る物が決まったら、お中元の時期かどうかを確認して、過ぎている場合には、熨斗紙に「暑中見舞い」や「残暑見舞い」と書いて贈りましょう。

お歳暮のお返しはいつまで?

では、お歳暮のお返しはいつまでにすればいいでしょうか?

お歳暮もお中元と同じで、基本的にお返しは必要ありません。

お歳暮をいただいた時も、贈ってくれた方に電話や手紙で「無事に届いたこと」をお礼と共に連絡しましょう。

でも、心苦しくてどうしても品物でお返ししたい場合は、いただいた物の半額から同額程度の物を選びましょう。

贈る時期は、12月末までがベストです。

もし、忙しくて時期を逃してしまった場合は、年を越していますので、熨斗紙に「御年賀」と書いて早めに贈るようにしましょう。

【暑中見舞いはどう書けばいい?】
暑中見舞いの書き方と文例!上司向けビジネステンプレート7つの例文

 

いかがでしたか?
私は今まで「お中元」や「お歳暮」を贈る時期に決まりがあるなんて知らず、去年も時期が過ぎているのを知らずに堂々と「お中元」と書いた熨斗紙をつけて贈っていました。

今思い起こすと、「あ~、あれは失敗だったんだ!」と反省です。

今年こそは失敗しないように、「お中元」と「お歳暮」を贈る時期を守って、お世話になった方に真心をお届けしたいと思います!

 


スポンサーリンク


 

 - 暑中見舞い, 通年行事 , , , ,