シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

年賀状のいつからいつまでを解決!投函期限やお年玉当選番号の抽選や無料交換時期

   

年賀状のいつからいつまでを解決!投函期限やお年玉当選番号の抽選や無料交換時期

イルミネーションが夜空に輝きだすと、今年もあと少し、「年賀状」が気になる季節です。

ご無沙汰しているあの人やお世話になったあの方の顔。そんな気持ちのかずかずを形にするのが、おなじみの年賀状です。でも、「年賀状」って知っているようで、意外に知らないことも多いものです。

いつから売っているの・・・・?
元旦に届くようにするには・・・・?
お年玉付き年賀状の抽選はいつ・・・・?
当選したお年玉はいつ交換できるの・・・・?
年賀状の返事っていつまでに書くの・・・・?
余った年賀状の無料交換はいつまで・・・?

そこで、そんな、年賀状のいつからいつまでについての疑問について調べてみました!これを知っておくと、気になる年賀状も、少し余裕をもって取り組めそうですね。

 


スポンサーリンク


 

① 年賀状の発売はいつからいつまで?

年賀はがき
年賀状は通常の販売と、ネット通販でご購入いただけます。
通常販売:2016年11月1日(火)~2017年1月6日(金)
ネット販売:2016年9月1日(木)~10日31日(月)

すでに9月1日(木)から、日本郵便でネット通販での予約受付が始まっています。ネットでの予約販売の受付期間は、10月31日(月)までです。

しかし、まだ早すぎる~とお思いの方はご注意を。年末年始には年賀状が売れて、残っている種類がすくなくなっているということもあります。お気に入りのデザインを必要なだけ購入するには、早めの準備が必要ですよね。

 

② 年賀状が元旦に届くにはいつまでに出す?

私は、毎年、年賀状のデザインを自分で考える派なのですが、あなたはいかがですか。いろいろ考えているうちに、ついつい年賀状の作成に時間がかかってしまうといことも・・・・。

そこで、せっかく書いた年賀状が、新しい年の初めの元旦に届くためには、いつまでに出すとよいのでしょうか?

12月25日までに年賀はがきを投函すると1月1日に着く」とテレビや郵便局で、公式にお知らせがされています。えっ!25日までには間に合わない~・・・・という方のために、次のような情報もあります。

「郵便ゆうパック・個人向け郵便局発送お役立ち情報」によると、
① 12月25日までに投函→1月1日に配達
② 12月28日までに投函→1月1日の配達に間に合うように努力。
③ 12月29日以降に投函→1月の早い時期に配達できるようにしている。
となっています。

ということで、12月28日までに投函したら、「可能な限り努力して」1月1日、元旦に間に合うように配達していただけるようです。なんでもぎりぎりになってしまう私としては、大変ありがたいことです。

 

③ 年賀状のお年玉当選番号の抽選はいつから?

さて、年賀状が届くと楽しみなのが、お年玉です。ちなみに2017年の1等はセレクトギフト(1万点以上の商品・旅行・体験プラン等からの選択)又は現金10万円。2等は、ふるさと小包など。3等は、おなじみお年玉切手シートです。

いかがですか、今までお年玉に当選した方もたくさんいらっしゃるのではありませんか?実は私も切手シートは当たったことがあるのですが・・・・。夢かもしれませんが、やはり1等を手にしたいですよね。

そんな期待に胸はずむ年賀状のお年玉当抽選は、2017年1月15日に行われます。2017年こそはとねらっていらっしゃるみなさん、今からドキドキワクワク、楽しみですね。もちろん、私も遠慮しないで、十万円ねらいますよ~。

 

④ 年賀状のお年玉当選番号の交換時期はいつまで?

さてさて、当選したらどうしますか?
まずは、お年玉当選番号の交換期間からお知らせしましょう。交換期間は、2017年1月16日(月)から7月18日(火)までです。

賞品交換と言っても、1等から3等までいろいろありますよね。切手シートは、窓口で交換できましたが、そのほかの賞品の引き換えはどうなっているのでしょうね。

日本郵便によると、「1等のうち現金(10万円)は現金書留での発送」とあります。なにやらワクワクしますね。

 


スポンサーリンク


 

⑤ 年賀状の返事の投函期限はいつまで?

ポスト
あ~ここまでで、すっかり夢に世界に浸って、「捕らぬ狸の皮算用」してしまいました。さあ、現実に戻らなくては・・・・・

我が家では、毎年、だらだらと年賀状が届きます。この方に送ったかしら?と思い送り返す。相手方もまた、そうそう送ってないかも・・・と、また送られてくる・・・・。

(^^♪白やぎさんからお手紙ついた。黒やぎさんたら読まずに食べた。仕方がないのでお手紙書いた。さっきの手紙のご用事なあに?(^^♪・・・・・ あ~、ちょっと古い童謡だったかもしれませんが・・・・。

さて、年賀状の投函には、ちょっとしたマナーがあります。
遅くとも、1月1日から7日までの松の内に届くようにすることです。一般的なマナーとしては、1月7日を過ぎてしまうと、「寒中見舞い」になってしまうようです。

私的には、「多少のずれは仕方がないのでは」と思いますが、7日になるとそろそろ学校も始まる時期で、お正月気分から抜け、新年のスタートを切る時期です。7日を目安に投函期限と考えられるとよいのではないでしょうか。

 

⑥ 余った年賀状の無料交換はいつまで?

ついつい買いすぎて余ってしまった年賀状は、通常のはがきや切手に交換できます。期限は特に設けられていません。だだし、1枚につき5円の手数料が発生します。

書き損じはがきについても、手数料はかかりますが、交換は可能です。交換する際には、はがきの状態によって様々な規定がありますので、直接、郵便局でお尋ねになるほうが確かです。

急な近親者の不幸による服喪により、使用できなかった年賀はがきは、無料で通常切手と交換することができるそうです。これもまた、直接、郵便局にお尋ねになることをお勧めいたします。

書き損じをしたり、余ってしまったりしても、捨てずにきちんととっておくと、わずかの金額で切手やはがきに交換できます。交換した切手やはがきは、手元にあると、気軽にまたどなたかに手紙を出そうと思えるものです。

年賀状だけではなく、気になるあの人に、ふと思いついたときにすぐに書くことができます。私は、このようにしてストックしたはがきや切手を、テレビ番組の懸賞への応募に利用します。

 

まとめ:年賀状のいつからいつまでに全て回答!

いかがでしたか。知っているようで、意外に知らない「年賀状」について紹介させていただきました。
最後にもう一度5つのポイントについて整理してみましょう。

① 年賀状の発売は、11月1日から1月6日です。
② 年賀状が元旦に届くには、12月25日までに投函する。
③ 年賀状のお年玉当選番号の抽選は、1月15日です。
④ 年賀状のお年玉当選番号の交換時期は、1月16日から7月18日までです。
⑤ 年賀状の返事の投函期限は、マナーとして松の内(1月7日)までに。
⑥ 余った年賀状の交換は、手数料がかかりますが、期限はありません。

 

さあこれで、今年1年を締めくくり、新たな年を迎えることができそうですね。

さあ、2017年の年賀状は、ご無沙汰している方、お世話になった方、そんな方以外にも、年賀状だから気持ちをお届けできる気になる方へも送ってみませんか。

支え支えられ、つながりあっている大切な方々へ送る、年に1度の年賀状です。
最後まで読んでくださってありがとうございます!残りわずかになった今年、そして新しい年があなたにとって良い年になりますように・・・・。

 


スポンサーリンク


 

 - 通年行事 , , , ,