シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

結婚式でお礼を渡す必要がある人は誰?金額の相場や品物のプレゼント

      2017/04/08

結婚式お礼

結婚式でお世話になる人はたくさんいますよね。

受付をしてくれる人、司会をしてくれる人、スピーチをしてくれる人……まだまだいると思いますが、お礼をきちんと渡す必要があるのは誰なんでしょうか?

お礼は現金で渡すの?相場は?それとも品物でいいの?
など、気になるポイントがたくさんありますよね。

知らなかった!とあとで後悔しないように、結婚式でのお礼についてご説明していきたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

お礼を渡す必要がある人と相場

結婚式お礼渡す人

結婚式に参列してくれるゲストにはそれぞれ、少なからずお世話になっているものです。
とはいっても全ての人にお礼をしていたら、キリがありません。

きちんとお礼をした方が良い人は、どんな人なのか具体的にご案内していきたいと思います。

一緒に渡すお礼の相場についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

受付係へのお礼

結婚式受付係

  • お礼が必要
  • 相場:3000円〜5000円
  • 封筒:ポチ袋で可
  • タイミング:結婚式開始前

受付係の人は、他のゲストより早く来てもらう必要がありますし、きちんとお礼をしましょう。

相場としては3000円〜5000円で、親しい友人にお願いすることが多いと思いますので、封筒もポチ袋で構いません。
ポチ袋はちょっと……という場合は、結び切りの印刷が入った封筒がありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

お礼は新郎新婦に代わって、両親に渡してもらいます。
披露宴の受付が始まる前に、「今日はよろしくお願いします」など一言添えて渡してもらうのが良いですね。

【結婚式受付のお礼についてもっと知りたいときはこちら】
結婚式受付のお礼プレゼント!おすすめの品物ランキング!
結婚式受付のお礼。金額はいくらが相場?渡し方は封筒とポチ袋どっち?

司会進行役へのお礼

結婚式司会進行役

  • お礼が必要
  • 相場:2万円〜3万円
  • 封筒:祝儀袋(しゅうぎぶくろ)
  • タイミング:結婚式開始前

司会進行役の人は事前準備も大変ですし、結婚式当日も慌ただしいものです。
しっかりとお礼を渡す必要があります。

司会進行役の人は当日食事ができない場合が多いので、ご祝儀をいただくのは遠慮するケースが多いようです。
もしご祝儀をいただいた場合は、さらに2、3万円上乗せしてお礼をすると良いでしょう。

結婚式の開始前に両親からお礼を渡してもらいます。
かなりの大役をお願いするわけですから、後日改めて新郎新婦が直接お礼を渡すのも良いかもしれません。

その場合でも、両親には当日司会進行役の人には挨拶して感謝を伝えてもらうようにしてくださいね。

スピーチのお礼

結婚式スピーチ

  • お礼が必要
  • 相場:3000円〜5000円
  • 封筒:ポチ袋で可
  • タイミング:結婚式終了後もしくは後日

スピーチは仲の良い友達にお願いすることが多いですよね。
お礼は必要ないのでは……?と思われるかもしれません。

しかし準備もありますし、当日も緊張しながら出番を待ってくるわけですから、きちんとお礼しましょう。
相手が気を遣わない程度の金額で構いません。
封筒もポチ袋なら受け取りやすいですね。

当日であれば、出番が終わった後に両親から渡してもらいますが、仲の良い人たちであれば新婚旅行後に改めてお土産と一緒に渡す、というパターンも多いようです。

余興に対するお礼

結婚式余興

  • お礼が必要
  • 相場:3000円〜5000円
  • 封筒:ポチ袋で可
  • タイミング:結婚式後もしくは後日

余興に対するお礼も、スピーチのお礼と同等で良いと思います。
仲の良い友人だけに、「お礼はいらない」と断られるケースもあるかもしれませんが、その場合は現金ではなく品物でもOKです。

私が友人の結婚式で余興をした際、プレゼントと手紙が引き出物の袋の中に入っていたことがありました。

ご両親にお礼を渡されるのは気を遣いますよね。
でもこれなら遠慮なく受け取ることができて、手紙つきで心もこもっており、スマートな手段だと感じました。

欠席でもご祝儀をくれた人へのお礼

  • お礼が必要
  • 相場:ご祝儀の半額
  • タイミング:結婚式後1ヶ月以内

結婚式に出席できなかった人からご祝儀をいただいた場合は、現金でなく品物で「内祝」としてお礼をします。

可能なら結婚式の報告もかねて、新郎新婦がそろって持参するのがベストですが、お住まいが遠く訪問が難しければ、発送手配しましょう。
ただし、きちんとお礼状を添えることを忘れないでください。

品物には結婚の内祝い用の熨斗(のし)をかけてもらいます。
名前は新姓のみ、もしくは新姓の下に新郎新婦の名前を連名で記入するのが一般的です

品物はタオルやお菓子といった商品が多いようですが、贈る相手の年齢層などを考慮して、喜んでいただけそうな物を選ぶと良いでしょう

カメラマンへのお礼

結婚式カメラマン

  • お礼が必要
  • 相場:1万円〜3万円
  • 封筒:祝儀袋
  • タイミング:結婚式終了後

カメラマンも司会進行役と同じくらい、結婚式当日忙しいポジションですよね。
しっかりとお礼をしましょう。
「挙式だけ」などポイント撮影をお願いする場合は1万円ほど、結婚式全般の撮影をお願いする場合は3万円ほどお礼をするのが基本です。

結婚式全般を撮影してもらう場合は、司会進行役と同様にご祝儀をいただきません。
さらに、メモリーカード代金などの諸費用を負担することもお忘れなく。

結婚式終了後に新郎新婦から、「本日はありがとうございました」と一言添えてお礼を渡します。

二次会幹事へのお礼

  • お礼が必要
  • 相場:5000円〜1万円
  • 封筒:ポチ袋で可
  • タイミング:二次会終了後

二次会幹事も実は結構大変な仕事ですよね。
店側と事前の打ち合わせに、当日の段取り、ゲームの景品の準備など忙しいものです。

引き受けてくれた人には忘れずにお礼しましょう。
現金で渡すケースが多いですが、二次会の会費を幹事さんは無料にする、なんてパターンもあるようです。

二次会終了後に新郎新婦から手渡ししますが、「新婚旅行で使って!」と返されることも。
私の場合もそうでした……。
気持ちは嬉しいのですが、申し訳ない気持ちもあり複雑でした。

現金の代わりにテーマパークのチケットをプレゼントする、という人も多いそうです。
これなら二次会幹事さんにも、喜んで受け取ってもらえそうですね。

 

 


スポンサーリンク


 

お礼は品物のプレゼントでもいいの?

結婚式お礼の品物


基本的にお礼は現金でしますが、品物のプレゼントで良い場合もあります。

先ほども少し触れましたが、相手が仲の良い友人で「スピーチ」、「余興」などをお願いした場合は、品物のプレゼントでお礼をする、というケースもアリです。

後日改めて、食事に招待してお礼をする場合など、品物の方が相手も気を遣わずに受け取ることができると思います。
新婚旅行のお土産も一緒に渡すと、なお良いですね。

リングボーイ・ガール、フラワーボーイ・ガールを親戚や友人のお子さんにお願いした場合も、品物でお礼します。
お子さんが喜びそうな絵本や、おもちゃをプレゼントすると喜ばれますよ。

 

結婚式でお世話になる人はたくさんいます。
素敵な結婚式になるようサポートしてくる人たちに、見合ったお礼をきちんとしたいですね。

当日は忙しいですしお礼を渡す人を事前にリストにしておくと、渡し漏れも防げて、慌てずに済みますよ。

結婚式に参列してくれるゲストとは、今後長いお付き合いになるわけですから、好印象でありたいですよね。

そのためにも、感謝の気持ちをしっかり伝えることは大切です。
ぜひ今回ご紹介した、結婚式のお礼のポイントを参考にしてくださいね。

【結婚式でのお礼についてもっと知りたい方はこちら】
結婚式お車代の封筒の書き方と見本。夫婦や渡す人の名前はどう書く?

 


スポンサーリンク


 

 - 冠婚葬祭 , , , ,