シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

結婚式お車代の封筒の書き方と見本。夫婦や渡す人の名前はどう書く?

   

結婚式お車代

お車代は遠方から結婚式に参列してくださった方に、交通費としてお渡しするものです。

わざわざ遠くから来てくださった方に対し、感謝の気持ちをきちんとお伝えするためにも、失礼のないようにしたいところですよね。

ここではお車代の封筒や書き方など、気になるマナーについてご紹介していきたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

お車代はどんな封筒がいい?

お車代を入れる封筒はどのようなものが良いのでしょうか?
普通の封筒で良いの?ポチ袋でも大丈夫?
そんな疑問について調べてみましたので、ご紹介していきたいと思います。

    【お車代を入れる袋の種類】

  • 金額1万円以上:祝儀袋
  • 金額1万円未満:封筒・ポチ袋

金額が1万円を超える場合は、祝儀袋に入れてお渡しします。
さらに高額で5万円を超えるお車代をお渡しする時は、華やかな飾りが多く入ったものなど、祝儀袋のグレードもアップさせましょう。

1万円以下であれば、封筒に結び切りの印刷が入ったものやポチ袋でも大丈夫です。
ただし、ポチ袋はお札を折って入れることになりますので、目上の方にお渡しする場合は避けるようにしましょう。

水引の色は「」「」、これに「」が加わり豪華なものもあります。

    【ご祝儀袋につける水引の種類】

  • 結び切り
  • 蝶結び
  • あわじ結び

水引の種類ですが、結婚式で扱われるものは全て「結び切り」となります。
これは「一度きり」を表し、固く結ばれて離れることの無い、結婚生活を表現しているワケです。

間違っても「蝶結び」を選ばないでくださいね。
これは解けても何度も結び直せる……ということで結婚式にはタブーです。

実は「結び切り」の他にも「あわじ結び」と呼ばれる水引の種類があります。

こちらは関東地方では「結び切り」と同様に、結婚式、退院祝いなど一度きりが望ましいお祝い事に用いられます。

一方関西では一度きりのお祝い事に限らず、何度あっても喜ばしい入学や卒業祝いなどにも利用されています。

お渡しする方の出身地に気を配ると良いかもしれません。

結婚式ご祝儀袋

 

表書き・裏・中袋の書き方と見本

お車代をどんな封筒に入れるのか理解できたところで、次は書き方についてご紹介していきたいと思います。
相手に失礼の無いよう、抑えるべきポイントを詳しく説明していきますね。

 

表書きの書き方。夫婦連名の場合は?

表書きの書き方としては、「御礼」「御車代」「御車料」「寿」などと記入するのが一般的です。
ただ、「御礼」や「寿」ですと少し曖昧(あいまい)な表記なので、相手が困惑してしまう事態になりかねません。

通常、お車代は受付で渡して頂くことが多いと思います。
受付で「お預かりしています」と渡されても、「御礼」と記載されていては何のお礼なのかわからず、戸惑ってしまうかもしれません。

新郎新婦が直接渡せない分、ハッキリと「御車代」と書いた方が、相手も素直に受け取れるのではないでしょうか。

結婚式新郎新婦

名前は新郎側のゲストには新郎の旧姓を、新婦側のゲストには新婦の旧姓を記入します。

夫婦連名でお渡ししたい場合は、お二人の名字を並べて併記すればOKです。
その際は新郎の名前を右側、新婦の名前を左側に記入します。

ただし、挙式後に日を改めてお車代をお渡しする時は、旧姓ではなく新姓のみを書くようにします。

 

中袋の書き方。金額も書く?

祝儀袋ですと中袋があり、表には金額を記入するのが定番ですよね。
しかしお車代の場合は、何も記載しなくても良いとされています。
無地のまま祝儀袋に入れましょう。

 

封筒・中袋の裏の書き方

結婚式封筒

裏にも何も書かなくて大丈夫です。

本来は中袋の裏に住所、名前を記入しますが、お車代の場合は必要無いとされています。

祝儀袋でなくポチ袋、封筒でお車代をお渡しする場合は、のり付けして封をしましょう。
友人に渡すものであれば、可愛いシールを貼っても良いですね。

 


スポンサーリンク


 

渡す人の名前は書くの?

渡す相手の名前はどこにも書きません。
表にも、裏にもです。

それだと誰に渡すものなのか、わからなくならない?」と思うかもしれません。
その場合は、封筒に付箋(ふせん)を貼っておくと良いですよ。
もしくはお車代を入れた封筒(祝儀袋)を、さらに大きな封筒に入れて、その封筒に渡す人の名前を書いておいても良いでしょう。

封筒(祝儀袋)には全て筆か筆ペンで書くのがマナーです。
ボールペンやマジックペンでは失礼にあたりますので、気をつけてくださいね。

 

お札の入れ方と向き

封筒の準備ができたところで、次はお金の入れ方です。
祝儀袋や大きめの封筒で、お札を折らずに入れることができる場合は、お札の表(肖像画のある面)を前に、肖像画が上にくるように入れます。

お札は新札を用意してくださいね。

ポチ袋に入れる場合は、お札を三つ折りにします。
まずお札を表に向け、左→右の順で折り返します。
上下に気をつけてポチ袋に入れましょう。

結婚式お札

結婚式の準備はやることが多く大変ですよね。

でも遠方から来てくれた方へのお車代をはじめ、受付の方やスピーチ、余興を引き受けてくれた方へのお礼など、「感謝」の気持ちをしっかり示すことは大切なことです。

小さな心遣いを感じることができる結婚式は、ゲストの心にも残る素敵な結婚式と言えるのではないでしょうか。

今回ご紹介したポイントを抑えて、準備万端で結婚式に臨んでくださいね!

 


スポンサーリンク


 

 - 冠婚葬祭 , , , ,