シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

結婚式のご祝儀袋の書き方。夫婦は連名?中袋には金額と住所だけ?

   

結婚式ご祝儀袋書き方

社会人になると、結婚式にお呼ばれする機会が増えますよね!そして結婚式に招待されてまず悩むのは、ご祝儀袋の書き方ではないでしょうか?

ご祝儀袋といっても現在ではたくさん種類があって迷ってしまいますし、ご祝儀袋を扱うのはそんなに頻繁にあることでもないので、「書き方のマナーってなんだっけ?」と忘れてしまったりして毎回悩んだりしますよね。

そこで今回は、結婚式のご祝儀の書き方や選び方について紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク


 

ご祝儀袋の選び方

結婚式ご祝儀袋

たくさん種類があるご祝儀袋ですが、その中には結婚式に使えるものと使えないものがあります。今では可愛いものもたくさんありますが、見た目だけで選んだばかりに後で恥をかくのだけは避けたいですよね。

ご祝儀袋を選ぶポイントは、いくら包むのかということと、送る相手との関係によって変わってきます。

まず選ぶ際のポイントとして、ご祝儀袋についている水引は、結び切りのものを選びましょう!それは、水引を引っ張ると固く結ばれるという意味が込められているからです。

蝶結びのものは簡単に水引をほどいたり結んだりできますが、一度きりの方が良いとされる結婚式には不向きです。失礼にあたるので、結婚式で使う事は止めましょう。

3万円を包む場合

親しい友人だと、大体3万円を包みますよね。その際は、300円前後のもので基本は白色を選ぶのがいいですが、友人と仲が親しいのであれば、デザイン性があるものを選んでも良いです。

ただし、目上の方に贈る場合は、失礼に思われるかもしれないのでシンプルなものを選んだ方がいいでしょう。

5万円を包む場合

夫婦で招かれた時は、大体5万円でしょうか。その場合は、400円前後の少し高級感のある和紙でできているご祝儀袋を選んで、華やかさを出しましょう。結び切りが少し豪華なものを選ぶと、なお良いかもしれません。

10万円を包む場合

兄弟などの身内の結婚式では、10万円程度用意することが多いでしょう。その場合は、金額に見合った豪華なものを選びましょう。鶴や亀の飾りが付いたご祝儀袋を見たことはありませんか?そうしたものを選ぶと、とても華やかさが出ます。

【知って安心!結婚式の受付マナーはこちら!】
結婚式受付のマナー!挨拶とご祝儀袋の渡し方やゲストブックの書き方

 

ご祝儀袋の書き方

結婚式花

ご祝儀の表書きですが、今は短冊に印刷されているものもあって大変便利ですよね!ご祝儀袋を購入すると3枚くらい短冊が入っています。

御祝」「御結婚祝」「寿」「結婚祝」「happy wedding」など、いくつかあってどれを使うべきか悩むところですね。

「御結婚祝」は、結婚式前に渡す場合に使われることが多いのですが、中には4文字で縁起が悪いと気にする方もいます。「御祝」「結婚祝」でも良いのですが、「寿」が一番丁寧であるとされていますので、もし迷ったら「寿」を使うのが無難です。

また、親しい友人で結婚式の雰囲気に合うようでしたら、「happy wedding」を使っても問題ないと思います。

そして、水引の結び目の下に、あなたの名前がくるように記入しましょう。その際は水引にかからないように気をつけてくださいね。

書く時は筆が一番良いのですが、今は便利な筆ペンも売っていますので、筆ペンでも構いません。ボールペンやサインペンは失礼なので止めておきましょう。その辺にあったペンで軽く書いたような印象を与えてしまう可能性があります。

それから、薄いグレーのインクのものはいけません。グレーのインクはお通夜やお葬式のお香典に使われますので、結婚式のご祝儀袋に使うことは止めましょう。

中袋には金額・氏名・住所を記入しますが、基本的には記入欄に合わせて書きます。こちらも、ボールペンやサインペンは使わず、筆や筆ペンで書きましょう。もし、記入欄が無い場合は、次に示すように記入していきます。

中袋・表

中袋の表中央の場所に縦書きで書きます。頭に「金」をつけて、「金○萬円」と記入しましょう。数字は旧字体になります。

  • 3万円の場合、金参萬円
  • 5万円の場合、金伍萬円
  • 10万円の場合、金拾萬円

という具合に記入します。「円」は「圓」でも可です。

」を付けるか悩む方もいると思いますが、昔は付ける事がマナーだったようですが、今は付けても付けなくても、どちらでもマナー違反とは言われないようです。

しかし場合によっては、10万円以上包む場合は必要という方もいるみたいなので、高額な金額を包む場合は付けた方が良いかもしれません。

中袋・裏

裏面の左下に、住所と氏名を縦書きで書きます。住所の数字は漢数字で書きましょう。郵便番号やアパート名などをきちんと書くと、頂いた方が整理をする時に助かりますので、略さずに丁寧に書きましょう。

お金を中袋に入れたら、のり付けをするか悩むところですが、のり付けはしなくて大丈夫です。マナー違反にはなりませんので、安心してください。

結婚式では多くのご祝儀を貰うので、頂いた方が中を確認するのに、スムーズに開けられるようにしてあげる方が親切といえます。ただし、高額な金額を入れて厚みが出てしまう場合は、のり付けしたほうがいいでしょう。

 


スポンサーリンク


 

夫婦連名での書き方

夫婦でお呼ばれした時は、連名で書きましょう。といっても、どっちが右?左?と悩みますよね。

この場合は、夫を立てるという意味合いで、夫の氏名を中央に書き、妻の名前を夫の名前の左側に書きます。バランスよく、夫と妻の名前の高さを揃えてください。

名字を中央に書いて、夫婦の名を並べて書いても良いですが、正式な書き方としては上記のようになります。

 

中袋と入れ方とお札の向き

中袋ですが、ご用意した新券の向きを揃えて、お札の表面と中袋の表面が一緒になるように入れます。お札の表面というのは、肖像画が描かれている面です。ご祝儀袋を開けた時に、肖像画が初めに出てくるように、肖像画を上にして入れましょう。

言葉ではわかりにくいかと思いますので、次の動画を参考にしてみてください。

 

ふくさの包み方

ご祝儀袋の用意が出来たら、ふくさに包んで持って行きましょう。たまにご祝儀袋をカバンから出してそのまま受付に出す方もいますが、印象が良くないのでふくさに包むのがベターです。

なお、ふくさも包んだり挟むだけの物だったりと種類がありますが、包むふくさの場合は次の手順で包みます。

  1. ふくさをひし形状に広げ、中央から少し左にご祝儀袋を置きます。
  2. 左→上→下→右の順に、中に折りたたんでいきます。
  3. はみ出した部分を後ろ側に折りたたんで完成!

お悔みで包む場合は、全く逆の包み方になります。失礼の無いように折りたたむ順番を間違えないようにしてくださいね!

私は紫色の挟むタイプのふくさを持っていますが、挟むだけで簡単ですし、紫色は結婚式にもお葬式にも使えるのでおすすめです。

ちなみに、挟むタイプでも慶弔で包み方が逆になります。慶事は右開き弔事は左開きとなりますので、もし購入を検討している方は、どちらでも使えるかどうか確認してみてください。

ふくさは頻繁には使わないかもしれませんが、ひとつ持っておくと便利なものです!楽天市場でも慶弔両用のふくさが購入出来ますので、ご紹介しておきますね。
http://item.rakuten.co.jp/orora/d6701/

結婚式幸せ

ここまでご祝儀袋の書き方や使い方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

結婚式というのは、挙げる二人はもちろんのこと、参列する方々も幸せな気持ちになりますよね。

結婚式のマナーはたくさんありますが、ご祝儀に関することはお金が絡んでくるだけに特にシビアなものです。間違ったご祝儀袋を渡して失礼になってしまったら、その後のお付き合いにおいても影響を及ぼしかねません。

しっかりとご祝儀のマナーを守って、気持ち良くお祝いしてあげましょう!

 


スポンサーリンク


 

 - 冠婚葬祭 , , , ,