シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

川越祭り2017日程。無料駐車場の混雑具合と穴場。交通規制の時間は

   

川越祭り

埼玉県の川越氷川神社で行われる川越祭りは、360年もの間続いてきた歴史ある祭事。今年初めて行くので計画を立てている!というそこのあなた、交通手段は何をお考えでしょう?電車?それとも車?

電車は混雑するので車で快適に行きたい?そうですよね。
日程二日間の来場者数は100万人を超えるこの川越祭り、行き帰りの電車の混雑は想像に難くありません。もみくちゃにされて余韻が冷めてしまった…というのは避けたいところ。

でも、車も油断はできません。川越祭りが行われる当日は交通規制が出るため、無計画で行くと高確率で渋滞に巻き込まれることに。
ここでは車で行く方向けの交通情報、穴場駐車場などの情報をご紹介します。

これを頭に入れておけば、快適で楽しく川越祭りを堪能できること間違いなしです!

 


スポンサーリンク


 

川越祭り2017の日程と時間

川越祭りは川越氷川神社の祭礼で、毎年10月の第3土曜日と日曜日の二日間に行われます。
2017年の開催日は10月14日(土)、15日(日)です。現時点では日程以外のスケジュールが発表されていないため、2016年の概要をご紹介します。ご参考にどうぞ!

【川越祭り(川越氷川祭)】
開催日:2016年10月15日(土)、16日(日)
山車の道程:氷川神社〜仲町〜川越市役所
来場者数:二日間で約100万人

【各日程の時間詳細】
10月15日(土)
昼(山車の巡行):14時〜15時頃
夜(曳っかわせ):19時〜21時頃

10月16日(日)
昼(山車の巡行):13時30分〜15時頃
夜(曳っかわせ):18時30分〜21時頃

川越祭りは、昼と夜で別の表情を持つとされています。
多彩な山車(だし。祭礼の際に引いたり担いだりする出し物)を見比べて回れる昼、そして暗闇に浮かぶ提灯の灯りと、山車同士の曳っかわせ(動画を参照ください)が盛り上がる夜。どちらも見所満載です。

せっかくだから昼夜どちらも見て回りたいところ。そのためには何時頃に会場周辺に到着すればいいのでしょうか?
車の混雑が予想される時間帯と合わせて、川越祭りで開放される駐車場のご紹介をします。

 

川越祭りの無料駐車場

川越祭りの無料駐車場
川越祭りに合わせた2017年の無料臨時駐車場は、以下の通りです。

市民グランド:約190台駐車可能
小仙波駐車場:約100台駐車可能
川越第一中学校:約160台駐車可能
仙波小学校:約70台駐車可能
富士見中学校:約200台駐車可能
月越小学校:約120台駐車可能
今成駐車場:約140台駐車可能

上記のうち、小中学校は校庭の状況次第で利用できないこともあるそうなのでご注意ください。
駐車場の利用時間は両日9時〜22時までです。23時には施錠をするので、時間を忘れないようにお気をつけくださいね!

 


スポンサーリンク


 

駐車場の混雑具合

上記の無料駐車場も、来場者数を考えると圧倒的に駐車可能台数は少なく、早い者勝ちになることは必死です。
また、川越祭り当日は交通規制もあり、道路は渋滞を免れません。当日の混雑具合を予想し、比較的空いている時間帯などを考えてみましょう。

昼の川越祭りが始まるのが昼過ぎなので、お昼前に着ければいいや〜と考えているあなた、ちょっとお待ちを!
当日は交通規制がかかることを忘れてはいませんか?

無料駐車場の開放時間は9時〜22時、そして交通規制がかかるのが10時〜22時。交通規制がかかってしまうと次第に混雑が始まり、駐車場まで辿り着くのも大変になってしまいます。確実に無料駐車場を利用したい場合は開放時間に合わせて、遅くとも10時までには駐車し終えるのがオススメですよ。

早く行ってもすることがない…というあなた、ご心配無用です。
川越祭りは屋台が多数出店しており、そのほとんどが10時〜21時過ぎまで営業しています。そのため、昼の巡行が始まるまでの時間も無駄なく楽しむことができますよ!

 

穴場の駐車場

穴場の駐車場
多少遠くてもゆっくり行ける穴場の駐車場を知りたい!有料でもいいから渋滞のストレスを減らして、川越まつりを思いっきり楽しみたい!
そんなあなたの声にお応えして、混雑知らずの穴場駐車場をいくつかご紹介しましょう。

【立体駐車場パーキング西口24】

  • 川越駅の西口に位置
  • 駐車可能台数300台
  • 24時間営業
  • 料金設定:30分毎100円、12時間まで1300円、24時間まで2000円

川越祭り会場からは少し離れますが、渋滞に巻き込まれにくい立地が魅力。
ただ、年々来場者数が増え続けている人気の祭りなので、時間帯によっては満車の可能性もあるかもしれません。

【近隣駅の駐車場を利用する】
●新河岸駅
川越駅から東武東上線で2分
切符代150円

●南大塚駅
本川越駅から西武新宿線で4分
切符代150円

新河岸駅、南大塚駅どちらも駅近くに有料パーキングがいくつかあります。
こちらに停めて現地へは電車で行く、というのも混雑が回避できてオススメですよ。

 

交通規制について

交通規制について
車で行く際に忘れてはいけないのが、当日の交通規制。
こちらでは、川越祭り当日に行われる交通規制の範囲、時間などをご紹介します。

川越祭り公式ホームページに記載されている2017年の交通規制マップによると、川越駅から氷川神社にかけて、山車の巡回ルートを中心とした広い範囲が交通規制の対象となるようです。

また、規制は10時から始まり22時まで続きます。その時間の規制範囲周辺は常に混雑していると考えていいかもしれません。
そして、行きと同様に帰りも混雑を避けて帰りたいところですよね。

夜の曳っかわせが終わるのが21時頃なので、その30分〜1時間後あたりとなる21時30分~22時が一番の帰宅ラッシュになると予想されます。
確実にラッシュを避けたい場合は、曳っかわせ終了の1時間前くらいには会場を後にするのが得策かもしれませんね。

 

いかがでしたか?
初めての川越祭りへの計画に、少しでもお役に立てたなら幸いです。

私もお祭りの雰囲気が好きでよく足を運びますが、祭り初心者のうちは事前確認をしないままふらりと行っては、思わぬ人出にひるんだり帰り道に手間取ったりと、余計な労力を使うことも多かったりしました。

予期せぬ渋滞や人ごみに遭遇してしまってイライラしないよう、あらかじめ確認しておくことの大切さを、こうして調べてみて改めて感じました。
あなたも、伝統ある川越祭りをぜひ、心ゆくまで楽しんできてくださいね!

 


スポンサーリンク


 

 - お祭り , , , , ,