シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

加湿器のカビ掃除方法!フィルターのカビ除去で加湿器病の予防と対策を

   

加湿器カビ掃除

加湿器の掃除方法がわからずに放置していませんか?

一見キレイに見えていても、給水タンクやフィルター、トレイなど内部にカビが生えていることもあります。

お手入れの仕方がわからないために、加湿器の掃除ができていないと加湿器病になってしまうようです。
加湿器病って何だか気になりますよね?

インフルエンザや乾燥肌、乾燥による目の疾患を防いでいるはずが、加湿器にカビが発生→部屋中にカビ菌・雑菌がまき散る→何気なく生活をしているだけで、そのカビ菌・雑菌を吸い込み別の病気になってしまう、なんてイヤですよね?

ここでは、加湿器のカビを掃除する方法加湿器病の予防加湿器病の対策について詳しくまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 


スポンサーリンク


 

加湿器のカビの原因

加湿器カビ水
ズバリ、カビの原因は水の汚れです。
カビにとって常に水分がある加湿器は、繁殖しやすい環境なのです。

  • こまめに水を入れ替えていない
  • 何度も水を継ぎ足して使っている

など、思い当たることはありませんか?

水道水を使わず、ミネラルウォーター・浄水器からの水・井戸水・アルカリイオン水は塩素処理されておらず、カビや雑菌が増殖しやすいので使用してはいけません。

 

【カビの発生しやすい加湿器のタイプ】

加湿器には構造の違いによってスチームファン式、超音波式、気化式、ハイブリッド式などがあります。

超音波式加湿器は、

  • スチーム式のような火傷・熱傷の心配がない
  • 動作音や消費電力が小さい
  • 手軽な価格で購入できる

というメリットが大きく人気です。
しかし、構造上汚れた水をそのまま吹き出すことや、継ぎ足しで水を追加してしまうために

  • 雑菌が繁殖しやすい
  • 加湿器病のリスクがほかのタイプの加湿器に比べ高い

というデメリットがあります。

 

加湿器病とは?

加湿器カビ病気
【加湿器病とは】

専門用語では過敏性肺臓炎というアレルギー性の肺の病気です。
加湿器熱、加湿器肺と呼ばれることもあり、悪化すると死をも招く恐ろしい病気です。

 

【症状】

咳・発熱・悪寒・全身倦怠感などがあります。なかには鼻水くしゃみが同時に現れる人もいます。
風邪とよく似ているため、なかなか発見されにくいのが特徴です。
放っておくと重症化し、アレルギー反応が激しい場合には呼吸困難で深刻な状態に陥る可能性もあります。

 

【一般的な風邪と加湿器病を見分ける方法】

症状が発生している期間を見ます。

一般的な風邪は、一週間以上症状が改善されないまま継続する可能性は低く、気管支炎を起こしたりして咳が長引くことはあっても、その他発熱等の症状は改善されていきます。
ですが、改善の気配が一向に感じられなかったり、症状が現れる以前から加湿器を利用していたという場合は加湿器病を疑う必要があります。

 

【原因】

加湿器の水が原因と言えます。
超音波式の加湿器は、水道水の塩素(殺菌成分)が水と分離しやすく、殺菌力を失った水は細菌・カビ菌などの微生物の温床となります。それらを食べるアメーバも繁殖し、空気中にそのままバラまかれてしまうのです。

汚れた水やフィルターなど、面倒だからとそのままにしておくと加湿器内に発生した様々な細菌・カビ菌が加湿器から放出され気が付かないうちに体調を崩すことになるなんて、怖いですね。

赤ちゃんや高齢者がいるご家庭では本当に気を付けないといけないですね。

 


スポンサーリンク


 

加湿器病の予防と対策

【予防と対策】
取扱説明書の通りに手入れをこまめにすることや、加湿器内の除菌対策が重要になります。

  • 塩素処理されている水道水を使う
  • こまめに水を交換する
  • 水交換のタイミングでタンク内、蓋、注ぎ口等も水洗いする。
  • 使用後は加湿器に水分を残さない
  • 吹き出し口を濡れたままにしない
  • 加湿器の清掃用具は清潔なものを使う
  • フィルター掃除は一週間おきに行う
  • タンクの水に専用の除菌剤を加える
  • 長期間使用しない場合は水分を拭き取り、しっかり乾燥させる

などがあげられます。

加湿器内部は水垢の温床になっていることが多く、そこから細菌が繁殖する危険性があります。手が入らない場合などは長いブラシ等で週に一回程度は水垢を取り除くといいでしょう。

加湿器カビ予防

古いタイプの超音波式加湿器の使用は発生しやすい、とも言われているので、買い替えや二台目購入時には、スチーム(加熱)式、気化式、ハイブリッド式への加湿器を検討してもいいかもしれません。

スチーム式・・・水を加熱して蒸気を出す構造。蒸気は熱く、吹き出し口も高温になるため、子どもや高齢者には危険なのがデメリット。消費電力も高め。しかし蒸気になる前に殆どの雑菌は死滅するため加湿器病のリスクは低い

気化式・・・水を含んだフィルターに風を当てて空気を加湿する構造。
水は温めないので送風が冷たく、加湿により温度が低くなる。稼働音が大きめ。水の粒子が大きいため、加湿器病のリスクは低め

ハイブリッド式・・・スチーム式と気化式を組み合わせた構造の加湿器。
スチーム式より省電力、加熱時に殺菌されるので衛生的。複雑なため他の加湿器に比べ高価なものが多い。

 

それぞれの加湿器に、メリットとデメリットがあります。
小さいお子さんや高齢者がいる場合で、加湿器病が心配であれば、ハイブリッド式がいいかもしれません。

超音波式以外でも、メンテナンスを怠ると水やフィルターに細菌・カビ菌は発生しますので、定期的な掃除や手入れは必要です。
掃除機等その他家電もそうですが、お手入れ方法が自分と合っているかどうかは結構重要ですよね。

また、加湿器を常用し一週間以上風邪に似た症状が続いたり、旅行等外泊先では症状が出ないけれど帰宅後またぶり返すようであれば早めに受診したほうがいいかと思います。
自身を含め、家族の日々の健康状態をチェックする事も大事ですね。

 

加湿器・フィルターの掃除方法

  • 分解しやすく簡単な加湿器の掃除方法
  • 加湿器や付属のフィルターの掃除に使用する洗剤は、重曹クエン酸がおすすめです。頑固な汚れや臭いには、台所用合成洗剤(粉末)塩素系の漂白剤を利用する方法もあります。
    (どの方法での清掃が適しているか、可能であれば取扱説明書で確認した方がいいでしょう。)

  • フィルターの臭いを落とす方法
  • 吹き出す風が臭う場合は重曹洗浄をします。
    水1ℓ:重曹約60gをバケツ等の容器に60分以上浸け置きます。その後よく洗い、すすぎます。

  • フィルターの水垢や白い汚れを落とす方法
  • クエン酸の酸性成分が、水道水によるカルシウム分やカルキの固まりや水垢(アルカリ汚れ)などを落とし、さらに除菌効果もあります。

    水またはぬるま湯(約40℃以下)1ℓ:クエン酸約6.5gの比率で「クエン酸溶液」を作ります。

    1.フィルターを2~3時間程度「クエン酸溶液」に浸します。
    2.落ちていなければ歯ブラシなどでこすり洗い、よく乾かします。

    一回で落ちない場合は複数回試してみると汚れが落ちる場合もあります。

  • 加湿器タンク、受け皿の掃除方法
  • 「毎日」すること
    ・タンクに少量の水を入れ、キャップを閉めて振り洗いし、排水する。

    「月に一回程度」はやっておきたいこと
    1.タンク、給水皿の水を捨て軽く洗い
    2.「クエン酸溶液」をタンクに入れ一晩つけおき
    3.「クエン酸溶液」を捨てすすいだ後、よく乾かします。

    タンクの水を柔らかい布を巻きつけた割り箸などで拭き取った後、消毒用エタノールをつけたタオルで拭くと、より殺菌効果が得られます。
    この場合も、一回で落ちない場合は複数回試してみるといいでしょう。

  • 加湿器本体の掃除方法
  • 1.電源を切って本体の水分を拭き取ります。
    2.消毒用エタノールと清潔なタオルで汚れを拭き取り、カバーやヒーター付近についた汚れは歯ブラシや綿棒を使って落とします。
    3.柔らかい布に、水またはぬるま湯(40℃以下)を含ませ、よく絞った後に拭き取ります。

    落ちにくい場合は、薄めた台所用合成洗剤で拭いた後、洗剤が残らない様拭き取ります。

  • 臭いが残るとき
  • 1.40℃以下の水またはぬるま湯を用意し
    2.1ℓあたり9gの台所用合成洗剤(粉末)を溶かします
    3.30分~60分つけ置き
    4.すすぎ洗いをした後、よく乾かします。

  • 頑固なカビの場合
  • 薄めた塩素系漂白剤に浸け置きします。
    (注意:クエン酸水が残っていると有害ガスが発生する可能性もあるのでしっかり洗浄し、時間を置いて行うようにしましょう。換気も必要です。)

  • フィルターの交換
  • フィルターは消耗品として、交換時期の目安を「1年」と推奨しているメーカーもあります。
    使い方や使用頻度で交換時期は早くなることがあるので、臭いやカビが取れないとき等は、買い替えを検討してもいいかもしれませんね。

 


スポンサーリンク


 

加湿器カビの防止と対策

加湿器カビ防止対策
カビや雑菌が繁殖しないように

  • タンクの水は毎日かえる
  • トレーに水が溜まっているときは捨てる
  • 加湿をし過ぎない(部屋の中も加湿器自体もカビが発生します)
  • 一週間に一回はトレーやタンク、蓋周辺の拭き掃除をする
  • 月に一回はフィルターを掃除する
  • 加湿器タンクの除菌剤などを利用する

パナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスターは、抗菌・防カビ対策ができる機能があるようなので、加湿器付きの空気清浄機を検討するという手もありますね。
加湿器カビ空気清浄機
加湿器を使用するにあたって、加湿のし過ぎにも気を付けないといけません。
外気温0度の場合、室温22度.湿度60%だと結露がおきてしまうことがあります。結露もカビの発生やダニの繁殖を促す原因になり、健康に良くないですよね。

建物は50%が望ましいそうなので、換気を十分にするなどして加湿しすぎないようにしましょう。温湿度計を活用したり、加湿器のタイマーをうまく利用するのもいいかもしれません。

加湿器の掃除は、100円ショップやドラッグストアで手に入る重曹やクエン酸で簡単にできます。
毎日水を代えたりするのは面倒かもしれませんが、体のことを思うとしっかりこまめに掃除して清潔にしておくことが大事ですね。
部屋中に菌をばらまくことなく、乾燥を防いで心地よく過ごせるといいですね。

【関連記事】
カーテンカビの落とし方。カビ取りは重曹で洗濯する方法が簡単

 - 掃除・洗濯 , , , , ,