シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

ハロウィン2016年はいつ?由来や起源と発祥を子供向けに簡単に説明

   

ハロウィン2016年はいつ?由来や起源と発祥を子供向けに簡単に説明

ハロウィンが2011年から飛躍的な人気となり、毎年10月下旬の渋谷交差点や東京ディズニーリゾート、USJで仮装を楽しむ姿もすっかり定着してきました。

今では市場規模でバレンタインデーを抜き、クリスマスに次ぐ人気イベントとなったハロウィンですが、2016年のハロウィンはいつからなのでしょうか?

今回は、ハロウィンの由来や起源と発祥地、日本と海外のハロウィンの違いや海外の反応、お菓子を配ったり仮装する意味など、ハロウィンについて詳しくご紹介します。

また、保育園や幼稚園に通う子供向けに簡単に説明できるように、分かりやすくまとめてみましたので、この機会にハロウィンの基本情報を徹底的に押さえておきましょう。

 


スポンサーリンク


 

ハロウィン2016年はいつ?由来や起源と発祥を子供向けに簡単に説明

① 2016年のハロウィンはいつ?

2016年のハロウィンは、ズバリ、10月31日(月)です。
ハロウィンは、「体育の日」のように10月第2月曜日というような形で定められているのではなく、毎年10月31日に固定されています。

日本ではハロウィンがイベントとして楽しまれているので、東京ディズニーリゾートの9月上旬を筆頭に、イベントが長期化しているのが実情です。

2016年10月31日

 

② ハロウィンの日本と海外の違い

日米国旗
日本以外で、ハロウィンが盛り上がっている国といえば、やはりアメリカです。

海外ドラマを見ていると、子供たちが仮装して近所の家を周り、お菓子を貰って喜んでいるシーンを目にしますよね。

これと比べると日本のハロウィンって全然違いますね。

日本のハロウィンは仮装がメインで、普段興味はあっても中々できない仮装を、ハロウィンイベントで楽しんでいる感じです。

他人の仮装を見たり、自分たちの仮装を見せたりして盛り上がる、一種のお祭りになっています。

違いをまとめると、

・海外(アメリカ)➡ 子供たちの行事

・日本のハロウィン➡ 大人たちの仮装祭り

 

③ 日本のハロウィンに対する海外の反応

ハロウィン海外の反応

・大人しい性格の日本人が仮装で盛り上がっている姿は意外だった
・日本のハロウィンは完全にコスプレパーティーだね
・変わってんなー日本!好きだぜ
・俺の行ってみたい国リストに日本が追加された
・日本は文化において、常に20年先を行ってる!
・日本のハロウィン凄い!これはスーパークールだよ!
・彼らはアメリカ人よりよっぽどハロウィンを楽しんでるね

ハロウィンは世界中で行われていますが、日本ほど盛大に行われている国はないようですね。

イベント・パーティー化した日本のハロウィンを、「陽気に楽しんでいる」というのが、主な海外の反応でした。

 


スポンサーリンク


 

④ ハロウィンの由来や起源と発祥

ここでは、じっくりとハロウィンの起源や発祥、由来についてご紹介していきますね。

ハロウィンの起源

古代ケルト民族が、悪霊退散、五穀豊穣を願い、現在の暦でいう10月31日に行われていた行事が起源とされている。

 

ハロウィンの発祥

紀元前1500年~紀元前1000年頃に、中央アジアからフランス北東部に渡来したケルト民族だったが、ローマ帝国による征服やアングロサクソン人によるブリテン諸島の支配から逃れるため、スコットランドやアイルランドに逃れ、そこでケルト文明が根付いてゆくことになる。

こうした歴史的な経緯から、ハロウィンの発祥は、スコットランドやアイルランドであったと考えられる。

 

ハロウィンの由来

ケルト民族のハロウィン

ケルト民族の暦では、1年の終わりを10月31日としており、その日には五穀豊穣を願うと共に、悪意を持つ精霊や魔女たちを退散させるために、カブをくり抜いた中にロウソクを立てた「ジャック・オー・ランタン」を作り、身を守っていた。

ケルト民族の信仰では、10月31日の夜に祭司が篝火(かがりび)を焚き、翌朝にこの篝火の火を各家庭に分け与える事で、悪霊からの難を逃れるといった風習がスコットランドやアイルランドで行われるようになっていった。

そして、20世紀初頭(1901年以降)には、スコットランドやアイルランドの西側に位置するアメリカの東海岸にもその風習が伝わり、次第に西海岸へと広まっていったのである。

アメリカのハロウィン

アメリカのハロウィンはエンターテイメントの国らしく、仮装を楽しむ風潮が強く表れてきた。

ケルト民族の司祭が篝火の火を各家庭に分け与える風習が、アメリカでは子供たちが悪霊(魔女、ドラキュラ、幽霊、狼男など)の仮装をし、「トリック・オア・トリート」(いたずらか、ごちそうか)と言って近所の家を周り、お菓子を貰う習慣へと変わってきた。

20世紀後半(1980年代以降)には、スパイダーマンなどのヒーローものや、ディズニーのようなお姫様、海賊などよりバラエティに富んだ仮装がみられるようになる。

日本のハロウィン

日本では、1983年にキディランド原宿店でイベントが行われたことが始まりでした。

その後、1997年に東京ディズニーランドで「ディズニー・ハッピー・ハロウィーン」が、川崎市で「ハロウィン仮装パレード」が行われた。

しかし、当時は一部地域やテーマパーク内でのイベントという域を超えず、大々的に広まることはなかった。

それから10数年経ち、2011年から右肩上がりでハロウィンの市場規模が拡大し、バレンタインデーを抜き、クリスマスに次ぐ一大イベントとなった。

その背景には、若い世代のコスプレに対する興味や、集団で盛り上がれるイベントの体験欲求、自己の個性の表現欲求などがあったと考えられる。

 

⑤ ハロウィンにまつわる5つの疑問

1.トリックオアトリートの意味

TrickorTreat
「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」とは、
Trick = いたずら、たくらみ
Treat = 待遇する、もてなす
という意味を持ち、
「ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ」という意味になります。

 

2.お菓子を配る由来

お菓子
『ハロウィンの由来』でも述べた通り、古代ケルト民族の五穀豊穣・悪霊退散の行事において、司祭が篝火の火を各家庭に送り届けながら、魔よけの祈願をしてまわったことに由来する。

そして、ヨーロッパで広まった「souling(ソウリング)」という風習では、
キリスト教では11月2日を「死者の日」として、煉獄で清めを受けている死者が少しでも早く天国に召されるように祈ります。

それらが転じて、「死者の日」に仮面をつけて仮装した子供たちが、死者を供養するためのソウルケーキを各家庭にもらいに行くという習慣に変わっていきました。

 

3.仮装する意味

ハロウィン仮装
ケルト民族にとって10月31日は1年の終わりであり、日本のお盆と同じく「親族の霊を迎え入れる日」とされていました。

と同時に、悪霊や魔物たちもこの世に戻ってくるとされており、魔除けの意味から仮装するようになったと言われています。

その風習が現在のハロウィン(特にアメリカと日本)に反映しています。

 

4.かぼちゃを飾る理由

かぼちゃ
ハロウィンでかぼちゃを飾る理由も、仮装と同様に魔除けの意味があります。

古来ケルト民族は、魔除けのために「かぶ」の中身をくり抜き、目鼻や口を彫り、その中にロウソクを立てていました。

しかし、アメリカでは「かぶ」はあまり馴染みのない野菜であったため、その代用として、食用には向かないオレンジ色の「かぼちゃ」が使われるようになりました。

 

5.ジャック・オー・ランタンとは?

ジャック・オー・ランタン
ジャック・オー・ランタンとは、「ランタン持ちの男」という意味である。

生前に悪行を行い死んでいった者の魂が、死後の世界にも入れてもらえず、悪魔から火のついた石炭をもらい、かぶをくり抜き、その中に火を灯した石炭を入れて、あの世とこの世を永遠に彷徨っている姿を言う。

国によっては、ウィル・オー・ザ・ウィプスとも呼ばれ、鬼火や人だまのようなものである。

 

⑥ ハロウィンを保育園の子供向けに簡単に説明

最近では、保育園や幼稚園でハロウィンの行事が行われますが、子どもから「ハロウィンってなぁに?」と聞かれて困った経験はありませんか?

なんでも知りたがる年頃の子供向けに、簡単に説明するための一例をご紹介します。

ハロウィンっていうのはね、亡くなった人の霊がこの世に帰ってくる日なんだよ。

でも、その時に一緒に悪魔もやってくるから、かぼちゃに怖い顔を書いてロウソクを入れたり、悪魔より怖い格好をして追い払うの。

お菓子をもらうのはね、亡くなった人が早く天国に行けるように、お祈りする代わりにお菓子をもらうんだよ。

かぼちゃの提灯や仮装、なぜお菓子をもらうのか、などについて説明してあげるとともに、亡くなった親族を思い出す日であることも伝えてあげると良いかもしれませんね。

 

まとめ:2016年のハロウィンはいつ?由来や起源と発祥は?

いかがでしたか?
ハロウィンに纏わる由来や起源と発祥、それぞれの意味など奥深いものがありました。
最後にもう1度まとめておきますね。

1.2016年のハロウィンはいつ?
2.ハロウィンの日本と海外の違い
3.日本のハロウィンに対する海外の反応
4.ハロウィンの由来と起源や発祥
5.ハロウィンにまつわる5つの疑問
6.ハロウィンを保育園の子供向けに簡単に説明

年々話題となり、広がりを見せるハロウィン。
宗教的な行事がハロウィンの起源ではありますが、普段はなかなか出来ない仮装やメイクをして、大勢で一体感を感じながらハロウィンを楽しむというのも良いかもしれませんね。

 


スポンサーリンク


 

 - ハロウィン