シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

五月人形・鎧兜の飾り方。飾る場所と方角や時期はいつからいつまで?

   

五月人形飾り方

五月人形は、大切なお子様を事故や病気、災害などから守ってくれる身代わりのような存在。

きちんと飾って我が子の健康と幸せを祈りたいけれど、「飾り方が分からない」というお話しもよく聞きます。飾る場所や方角も分からないし、「そもそも、いつ飾ったらいいの?」と混乱してしまいますよね。

今回は、そんな五月人形の飾り方について調べてみました。

 


スポンサーリンク


 

五月人形・鎧兜を飾る時期はいつから?

五月人形カレンダー
大半の人が春分(3月21日)~4月中旬までの間に飾っているようです。
大切な我が子を守ってくれるものなので、どうせ出すならしばらく眺めていたいですよね。余裕を持って飾ればそれだけ季節の行事を目で楽しむことが出来ます。

大安に出す決まりなども無いので、時間がある時にお子さんと一緒に出すのも楽しみの一つになりますよ。

【五月人形の購入について】
五月人形は誰が買う?母方父方どちらの親か関東と関西でしきたりが違う?

 

飾る場所や方角・方向で縁起が悪い?

五月人形女性
私も初めて五月人形を飾る時には、置き場所や方角がとても気になりました。加えて床の間も無かったものですから、悩むお気持ちはよく分かります。

ですが、五月人形を置く場所や方角・方向に決まりは無いのだそうです。
私が子供の頃、母親がお雛様を東に飾っていたことを覚えていたものですから、正直拍子抜けしました。しかし、五月人形にはお雛様のような決まりは無いのです。

置き場所として、直射日光の当たる場所は色あせの心配があり、エアコンの風も人形を傷めるので、それらが直接当たらない場所にスペースをとることをオススメします。

【五月人形の処分や供養について】
五月人形の処分の仕方や供養の方法と時期。買い取りやリサイクルも

 


スポンサーリンク


 

飾り方の種類や飾る手順

いざ五月人形を買ってきても、飾り方が分からないと意味がありません。
分かりやすく、まとめてみました。

平飾り

【平飾りの飾り方】
  1. 最初に鎧兜を組み立てます。
  2. 芯木(しんぎ)を台の中央、少し手前側に乗せます
  3. その上に袱紗を掛けます
  4. 袱紗の上に兜をセットします
  5. 兜に鍬形(くわがた)を取り付けます
  6. 向かって左側には弓を飾ります
  7. 向かって右側には太刀を飾ります

太刀には付属で固定用の紐がついている物が多いので、それを使って固定しましょう。

鎧兜が元から完成形になっているものは、1~5の組み立て作業は必要ありません。

三段飾り

【三段飾りの飾り方】
まずは上段
  1. 平飾り同様に組み立てた鎧兜を中央に置きます
  2. その背に屏風を立てます
  3. 弓と太刀は平飾り同様に左右に飾ります。

次に中段

  1. 中央に太鼓
  2. 向かって左側に陣笹を
  3. 右側には扇子を飾ります
  4. こいのぼりなどの飾りは、左右両側に飾ってください

最後に下段

  1. 中央に八足台
  2. 左右に篝火
  3. 向かって左側に柏餅
  4. 右側にはちまきなどを飾ります

尚、お供えものは柏餅ちまきがオーソドックスなのですが、最近では子供用のお菓子をお供えする方も多く見られます。また、当日には家族でお祝いするパーティーメニューをお供えする方もいらっしゃるようです。

私の子供も、まだ柏餅やちまきなどは食べられないので、ベビー菓子や当日のお祝いご飯をお皿に盛って飾りました。

【子どもの日に食べる柏餅の由来について】
柏餅の葉っぱは食べる?由来や意味は?くっつくのをはがす方法

 

五月人形・鎧兜はいつまでにしまうもの?

ひな人形は3月3日にしまわないとお嫁にいけない」と言われていることはみなさんご存じだと思いますが、五月人形に関してはそのような言い伝えは無く、「○月○日までにしまわなければいけない」という決まりもありません。

五月人形兜

しかし梅雨時期まで出しっぱなしにしておくと湿度が上がり、片づける時に湿気も一緒に閉じ込めてしまうことになり、それがカビや臭いの原因となります。

5月5日を過ぎたら片づけても良いので、遅くても5月中頃までには片づける段取りを組むと良いでしょう。

【子どもの日のアイテムの由来について】
こどもの日のこいのぼりと兜の由来や食べ物(ちまき・柏餅)の意味は?

 

箱から出したら、どうやって片づける?

五月人形箱
「飾ってみたはいいけれど…」と、今度は片づけ方に悩む方も多いと思います。
そこで、片づけるときに大切なことをまとめてみました。

  1. ティッシュや綿棒で優しくホコリを落とす
  2. 人形が兜をつけていたら、外して綺麗にします。
    鍬形部分も乾いた布でそっと拭いてあげます。

  3. 面氏をつける
  4. 顔の幅に合わせて巻き付け、テープでとめます。
    ティッシュや和紙などやわらかい素材が良いでしょう。

  5. 衣装は毛ばたきで
  6. 専用の毛ばたきを使い、毛先で優しくなでます。

※飾る前に箱に入った状態の写真を撮影しておくと、片づけるときにスッポリと収めることが出来て便利ですよ。

 

いかがでしたか?
難しいと思われがちな五月人形の飾り方ですが、意外とそんなことは無いということをお分かりいただけたら嬉しいです。

置き場所や方角はもちろん、飾る日や片づける日にも決まりはありません。一度飾ってみると誰でも簡単に覚えられそうですよね。

一年に一度の大切な行事を、ぜひお子様と楽しんでくださいね。

 


スポンサーリンク


 

 - 子供の日, 通年行事 , , , ,