シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

五月人形は誰が買う?母方父方どちらの親か関東と関西でしきたりが違う?

   

五月人形誰が買う

男の子が誕生すると端午の節句に飾る五月人形。
ズバリ、誰が買うのが一般的なのでしょう?

両家のご両親から快く贈ってもらえる、もらえないに関わらず、どちらの親(祖父母)に頼めばいいのか悩むところですよね。
これには関東と関西をはじめ、各地域によってしきたりが違うことも関係しているようです。

ここでは初節句をお祝いするにあたって

  • 五月人形は誰が買うべきなのか
  • 関東と関西など地域のしきたりの違い
  • 夫婦の気持ちが何より大事

といった、五月人形を購入する際のポイントについてご紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク


 

初節句の五月人形は誰が買うもの?

五月人形鯉のぼり

江戸時代、五月人形は「家を継ぐ男の子の誕生を祝い、父方の実家から」贈られていたようです。それ以前では、嫁いだお嫁さんに会いに行く口実として「母方の実家から贈られた」ということもあったそうです。

ひな人形と同じ扱いという考え方から「一般的に節句の準備は母方の実家からよ」というところもあれば、「女の子の初節句は母方の実家から、男の子の初節句・五月人形は父方の実家から」というところなど、そのしきたりは様々です。

夫婦の出身地が違う場合、誰から贈られるのが一般的なのか、どちらの実家にお願いするのがいいのか、しきたりの違いによって迷うこともあります。
実際、後になって揉めてしまうこともあるようなので、夫婦や家族でよく話し合うことが大切です。

我が家では女の子の初節句は母方から、男の子の初節句は父方から贈ってもらいました。

【端午の節句の由来を紹介しています】
こどもの日のこいのぼりと兜の由来や食べ物(ちまき・柏餅)の意味は?

 

しきたりは関東と関西など地域で違うの?

五月人形しきたり

関東と関西を比較してみると

  • 関東・・・父方の両親(男の子なので、父方の親が用意する)
  • 関西・・・母方の両親から

という考えが多いようです。

各地域ごとに見てみると北海道、東北、関東、愛知などは父方から、関西、四国、九州などでは母方から、というのが一般的です。しかし同じ関東でも東京都と他県、関西では大阪と京都など、細かく見ていくとまた違いがあるようです。

こうしたことは地域の風習にもよるので、どちらが正しいとか間違っているとか、一概に決めることはできません。どちらの両親から贈られるにせよ、祖父母が孫の健康と成長を願って贈る気持ちは一緒ですよね・・・

なお、今では父方と母方に費用を折半して出してもらったり、双方の両親ではなく自分たちで購入する、といった方法も増えてきているそうです。
また、両家双方とも我が家が贈りたいという状況なら、鯉のぼりは母方に、五月人形は父方にお願いするのもいいかもしれませんね。

【こどもの日といえば柏餅、その由来は?】
柏餅の葉っぱは食べる?由来や意味は?くっつくのをはがす方法

 


スポンサーリンク


 

しきたりや伝統より夫婦の気持ちも大切

日本各地にはそれぞれに受け継がれた習慣やしきたりがあるので、各地域で言われる「一般的にはね・・・」いう認識には違いがあります。
そうしたことを踏まえた上で、夫婦や両家の家族が話し合って、誰が買うのか費用は誰がもつのか、を決めるのがいいのではないでしょうか。

また決して安い買い物ではないので、両親にあまり負担をかけたくないのであれば、自分たちの経済的に許せる範囲内で気に入ったデザインやサイズのものを購入する、といった方法でもいいでしょう。

せっかくのお祝い事ですから、両家の習慣や考え方の違いで揉めることがないようにしたいですよね。前述した通り、どちらが購入するのが正しいということはないので、双方の意見を聞きながらよく話し合い、円満に決めましょう。

自分たちも両家の関わりを負担に思うのではなく、初節句を迎える子どもの成長を願って前向きに準備するのが理想的ですね。

近頃、我が家の近くでは鯉のぼりをあまり見かけなくなりました。でも、立派な鯉のぼりを見かけると「この家には男の子がいるんだな~」とか、新しいのを見かけると「初節句かなぁ?」と思って眺めています。

五月人形夫婦の気持ち

私事ですが・・・
我が家は「兜」を主人の両親に買ってもらいました。ひな人形は母方、五月人形は父方、という考えからです。タイミングは違いましたが、どちらとも一緒にお店に行って選びました。

双方の両親の求めるカタチや予算もありましたし、人形の表情や兜の色など私のこだわりもありました。
売り場では目移りしながら、あれがいいこれがいいと結構迷いました。でも、それもまたいい思い出です。

兜を購入する際、お店の方から「コンパクトなものが売れ筋ですよ」と言われ、住宅事情も考慮した上でガラスケース入りのものにしました。飾り方も収納もラクですごく助かっています。

毎年飾る五月人形。子供の成長に想いを馳せ、その季節や行事に喜びを感じながら迎えられるといいですね。

【こどもの日をお祝いする簡単レシピはコチラ】
こどもの日におすすめの簡単料理レシピ!定番のちまきやケーキも

 


スポンサーリンク


 

 - 子供の日, 通年行事 , , , ,