シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

カーテンカビの落とし方。カビ取りは重曹で洗濯する方法が簡単

   

カーテンカビの落とし方

ふと窓を開けたらカーテンが黒カビだらけ!そんな事はありませんか?

洗濯したいけど、「カーテンの汚れって洗濯で落ちるの?」「それともクリーニングに出さなきゃダメ?」と色々迷ってしまいますよね。

大切に選んだカーテンだから、

  • きれいに汚れを落としたい
  • 家でできる簡単な洗濯方法を知りたい
  • できればカビや汚れを防止したい!

そんなあなたのお悩み、これを読めばパパッと解決できますよ。

 


スポンサーリンク


 

カーテンのカビの落とし方

カーテン漂白剤でお手入れ

基本的なカビ取り方法をご紹介しましょう。
それは、漂白剤を使う落とし方です。

  1. カーテンを外す

    埃を一緒にはたき落としましょう。フックも全て外します。

  2. 薄めた漂白剤をカビ部分に染み込ませる

    染み込ませた面に乾いたタオルを当て、10分ほど放置します。

  3. カビ部分の裏側をブラシで叩く

    汚れをタオルへ移せたら、漂白剤を洗い流し、カーテンを乾かしましょう。

また、漂白剤よりも強いカビキラーを使うという方法もあります。
同じようにカビ部分にカビキラーを染み込ませ、10分ほど置いたあとお湯ですすぎ、加えて洗濯機で2回ほどすすぎます(洗濯の仕方は後述を参考にしてください)。

注意点としては、どちらの場合も換気のできる場所で行い、ゴム手袋を使うなどの保護を忘れないこと。また、漂白剤を使うことは生地へのダメージや色落ちなどのリスクがあります。そのリスクはカビキラーなど強いものになるほど高まります。

あなたのカーテンの素材や色味などを充分考慮したうえで、上手にカビ取りを行ってくださいね。

 

重曹を使った洗濯方法

カーテン重曹でお手入れ

次に、重曹を使った洗濯方法をご紹介します。
漂白剤を使ったカビ取り方法との違いとしては、環境や人体に優しいという点が挙げられます。扱いもとっても簡単なので、ぜひ一度お試しを!

  1. カーテンが洗濯できるかを確認する

    タグのラベルを見て、「洗濯機マーク」または「水洗いマーク」にXが付いていなければ自宅で洗濯ができます。

  2. 湯を張った浴槽に重曹を溶かす

    重曹はスプーン一杯ほど。熱めのお湯を使うとさらに効果的です。

  3. カーテンをつけ置きする

    30分以上置かないように注意!汚れを逆に吸収してしまうためです。

  4. カーテンを屏風(アコーディオン)たたみする

    屏風たたみのやり方は下の動画をご覧下さい。

  5. 洗濯ネットに入れ、洗濯機ですすぎと脱水をする

    脱水は30秒ほどでOK!やりすぎるとシワができてしまいます。

  6. カーテンをレールに取り付け、乾燥させる

    濡れた状態でシワを伸ばすと、ある程度縮みを防げますよ。

 


スポンサーリンク


 

片栗粉を使ったレール掃除法

カーテンレール掃除

カーテンを洗濯する際に、ぜひ一緒にしてほしいことがあります。それは、カーテンレールをきれいにすること

窓や網戸は屋外の埃や花粉、汚れをダイレクトに受け止めています。そこに直接触れるカーテンはいわば汚れの温床。
カーテンを洗濯しながら、レールや窓も一緒に掃除してしまいましょう。

ここで、窓枠の頑固な黒カビの落とし方をご紹介します。

【用意するもの】

  • 塩素系漂白剤
  • 片栗粉
  • ゴム手袋
  • キッチンペーパー
  • ウェットティッシュ


【手順】

  1. 塩素系漂白剤と片栗粉を1対1の割合で混ぜる

  2. サッシ部分にこぼれ落ちないよう、キッチンペーパーで保護する

  3. パッキン部分の黒カビに付着させ5分ほど置く

  4. ウェットティッシュで拭き取る

※長時間放置すると、パッキン部分を傷めますのでご注意くださいね。

 

クリーニングに出す?

カーテンクリーニング

カーテンの洗濯方法をいくつかご紹介してきましたが、やっぱり自分で洗うのは不安…という方もいらっしゃるかもしれません。

オーダーメイドで作った大切なカーテンをきれいにしたい!など、そんな時はやはりクリーニングに出すのもひとつの手段ですよね。
そこで、クリーニングに出した場合のアレコレをこちらでご紹介します。

まず、一番気になるのが金額。これはカーテンの寸法で決まります。
以下は某クリーニングチェーンの値段表(税抜)です。目安としてご覧ください。

ドレープ(裏付) 1m2→600円〜
ドレープ(裏なし) 1m2→450円〜
レース・ケースメント 1m2→450円〜

また、カビ取りや汚れ落としには別途料金がかかる場合もありますので、お近くのクリーニング屋さんにご確認くださいね。

クリーニングに出す場合の注意点としては、必ずしも「購入した状態に戻る」わけではないということです。

頑固な汚れや黒カビなど、プロでも落とせないものもあります。加えて、素材によっては縮みや風合いの変化などは避けられない場合もあるでしょう。
クリーニング屋さんとよく相談した上で、何が最良の方法かをお考えいただくことをお勧めします。

 

カーテンカビの原因と予防・対策

カーテンカビ原因

カーテンを汚さないためには、汚れの原因を知り予防することが一番!
そこで、カビの原因やその対策方法をこちらでご紹介しましょう。

そもそもカーテンのカビの原因は何なのか?それはズバリ、「結露」。
屋内と屋外の温度差によって、窓に結露が生じます。その結露がカーテンに付着してカビになるのです。
結露を起こさないための対策を3つ挙げてみましょう。

  1. 換気をする

    一番大切なのは、室内に湿気をためないこと。
    冬場はちょっと辛いですが、こまめに換気をして湿気を外に逃がしましょう。窓と家具の間に、空気の通る隙間を作ってあげることも効果的です。

  2. 掃除をする

    水分や埃はカビのエサになります。結露ができてしまったら早めに窓を拭きましょう。カーテンレールの上もきれいに拭いてくださいね。
    ホームセンターで手に入る「断熱シート」「断熱フィルム」なども、貼るだけで結露の予防ができるのでオススメですよ。

  3. カーテンのカビ対策

    カーテンに直接行えるカビ対策として、消毒用エタノールをカーテンにスプレーする方法があります。スプレータイプになっているものが薬局で売っているのでそちらがオススメ。
    カーテンが傷まないよう、少し離れた位置からスプレーしてくださいね。

 

カーテンの洗濯、なかなか腰が重いという方も多いかと思います。かくいう私もそのうちの一人でした。

購入して一年ほど放置し続けたカーテンを重曹で洗うと、あっという間に水が真っ黒になりました。
それを見たときの衝撃と、えもいわれぬ爽快感は忘れられません(そこまで放置した自分も自分ですが…)。重曹は本当にオススメですよ!

オーダーした大切なカーテンでも、ホームセンターで買ったセールのカーテンでも、洗いたてのきれいな姿を眺めていると気持ちのいいものです。
そんなちょっとした楽しみを探しながら、あなたもぜひ色々と試してみてくださいね!

【カーテンだけじゃない!お風呂の黒カビもきれいにしたい方はこちら】
お風呂の天井の掃除法!黒カビ除去などに効果的な4つの対処法

 


スポンサーリンク


 

 - 掃除・洗濯 , , , ,