シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

赤ちゃんの下痢の見分け方。いつまで様子見?病院に行く目安は?

   

赤ちゃん下痢

大人と比べて、消化器官がきちんと発達していない赤ちゃんは、下痢になりやすいものです。

日頃から赤ちゃんはゆるゆるうんちなので、お腹を壊しているのか気づきにくいものです。
そんな中、いつもより水っぽい、回数が多いなど、赤ちゃんが下痢になったとわかった時に、どうすれば良いのか?原因は何なのか?といった気になる点について詳しくご紹介したいと思います。

赤ちゃんがお腹を壊しているのでは?と感じた時に、ぜひ参考にしてみてください。

  • 病院には行った方が良いのか?
  • 母乳や食事はいつもと同じで良いの?

など、赤ちゃんの下痢に関する気になる疑問についてもお答えします。

 


スポンサーリンク


 

赤ちゃんの下痢の見分け方

赤ちゃんニコニコ

赤ちゃんが下痢になる原因は様々ですが、見分け方についてご紹介していきたいと思います。
様子見で良い下痢から、中には重症な場合もありますから、気を付けたいものです。

下痢は赤ちゃんが体の不調を訴えている大切なサインですから、きちんと気づいてあげられるようにしましょう。

色による見分け方

赤ちゃん紙おむつ

下痢になりやすい赤ちゃんですが、体調を壊した場合うんちの色に変化が現れます。
うんちの色で見分けることができる、赤ちゃんの下痢の原因についてご紹介します。

黄・茶色

健康な赤ちゃんのうんちは、母乳であれば明るい黄色、ミルクであれば少し茶色がかった黄色をしています。

うんちは肝臓で作り出される胆汁によって色がつくのですが、胆汁にはビリルビンという黄色の色素が含まれています。

赤ちゃんの場合は、このビリルビンの色が出やすいため、うんちが黄色なのです。

黄色や茶色の下痢の場合には、次の症状をチェック!

  • 元気がない
  • 食欲がない
  • 熱がある
  • 嘔吐する

これらの症状がなければ、様子を見てみましょう。
下痢の原因はお腹が冷えてしまったか、食物繊維の多い食事を摂ったせいかもしれません。

熱がある嘔吐している、といった場合はウィルス性胃腸炎の可能性がありますので、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

緑色

赤ちゃんの緑色のうんちも、あまり心配する必要はありません。
母乳やミルクを飲む時に、空気をたくさん飲み込んでしまった場合にうんちが緑色になるケースがあります。

胆汁に含まれる色素ビリルビンが、空気に触れて酸化を起こすと緑色に変化するため、緑色のうんちが出るのです。

緑色のうんちで、いつもより水っぽいと感じた場合も、黄色や茶色のうんちと同様に、まずは様子を見るようにしてください。

下痢以外の症状がある場合は、病院で診察を受けてください。

白色

白いうんちが出た場合は、ロタウィルスノロウィルスといった、ウィルス性胃腸炎の可能性があります。
秋~冬にかけて感染することが多くなりますが、特徴として下痢以外に発熱、嘔吐といった症状が出ます。

他に白色うんちの原因としては、胆道閉鎖症という病気の場合もあります。
胆汁の通り道が何らかの原因でふさがってしまう難病で、黄疸が出るのも特徴です。

どちらにせよ、白色のうんちは危険サインですから、病院で診てもらいましょう。

黒色

体の上の方にある内臓、胃腸や十二指腸で出血がある場合に、黒いうんちが出ることがあります。
内臓から出た血が、胃酸と反応して血液が黒くなるのです。
病院での診察をすぐに受けてください。

その他にも、鼻血が出ていて飲み込んでしまった場合や、乳首が切れてしまい出血し、母乳に血が混ざっていた場合などにも黒いうんちが出ます。
この場合は様子見で大丈夫ですが、血を飲み込んだかどうか判断が難しい時は、病院で診てもらいましょう。

新生児が、数日間べっとりとした黒いうんちをすることがありますが、これは正常な現象です。
お腹の中で飲み込んだ羊水などを含んだ「胎便」によるもので、問題ありませんのでご安心ください。

赤色

赤色の下痢の原因は、細菌性の胃腸炎の可能性があります。
サルモネラ菌や、O-157といった細菌です。
その他に、大腸にポリープがある場合や、食物アレルギーのせいでうんちに血がまざって、赤くなることもあります。

ジャムのような赤いうんちが出た時は、腸重積症の恐れがあります。
腸の中に腸が入り込んでしまう病気で、激しい痛みをともないます。
すぐに病院で診てもらいましょう。

臭いによる見分け方

赤ちゃんはいはい

続いては、赤ちゃんのうんちの臭いから、下痢の原因を見分ける方法をご案内していきたいと思います。

酸っぱい臭い

ロタウィルスに感染している場合、赤ちゃんが酸っぱい臭いのする下痢をすることがあります。

先ほどご案内したように、臭いが酸っぱいだけでなく、うんちの色が白っぽい時はロタウィルスに感染している可能性が考えられますので、病院で診察してもらいましょう。

他に酸っぱい臭いのする下痢の原因は、乳糖不耐症のケースもあります。
母乳やミルクに含まれる「乳糖」を体内で分解しきれず、下痢を引き起こすのです。
これは判断が難しいので、病院に相談すると良いでしょう。

腐った臭い

魚が腐ったような、生臭い臭いがする下痢は細菌性胃腸炎にかかっている場合があります。
サルモネラ菌、カンピロバクター、O-157といった細菌です。
すぐに病院へ行きましょう。

ヨーグルトの臭い

離乳食がスタートしている赤ちゃんで、ヨーグルトの臭いがする下痢をすることがあります。
これは、食べたヨーグルトに含まれた乳酸菌が腸内で増え、腸が活発になり過ぎることが原因です。

下痢が落ち着くまで与えることを控えたり、量を見直すなどして、お家で様子を見てください。

無臭

下痢はしているものの無臭の場合は、まずは様子見で大丈夫です。
長引いたり、発熱や嘔吐など他に症状がある場合は、病院で診てもらってください。
また、整腸剤を飲んでいる場合も、うんちが無臭になることがあります。

うんちの状態

赤ちゃんうんち

赤ちゃんの下痢といっても、状態はいろいろ。
下痢の症状を、うんちの状態から見分ける方法についてご案内します。

水様便

水っぽい下痢を急にしだしたら、急性腸炎の場合があります。
他にも食欲がない、熱がある、食べてもすぐ吐く、といった症状があります。
病院で診てもらうようにしましょう。

脂肪便

白っぽい便で、脂が浮いた様なうんちの状態です。
離乳食がスタートしている赤ちゃんで、脂っぽいものの食べ過ぎなどで、消化不良を起こしていることが原因です。

食事内容を見直すなど、お家での様子見で大丈夫です。

粘液便

ねばねばと粘り気のある状態のうんちです。
赤ちゃんの成長ともに、消化器官も発達してくると、体内にうんちが滞在する時間が長くなってきます。
そうすると、うんちがねばねばしてくることがあるのです。

通常は問題ありませんが、赤い粘液便が出た場合は要注意です。
細菌性腸炎の疑いがあります。
この場合は迷わず病院へ行きましょう。

顆粒便

うんちの中に、白いぶつぶつがある状態です。
これは、腸内で消化しきれなかった乳脂肪やカルシウムといった成分が排出されているだけですので、問題ありません。

不消化便

消化器官が未発達の赤ちゃんは、離乳食で初めて食べたものを消化しきれず、下痢をしてしまうことがあります。
腸の働きが発達するにつれて、お腹を壊すことはなくなってきます。

離乳食の形状に気をつけたり、量を見直すなど、ご自宅で様子を見てあげてください。

症状や状態による見分け方

赤ちゃん泣く

下痢の時の赤ちゃんの症状から、原因を見分けることもできます。
うんちの色や、臭い、状態だけでなく、他に赤ちゃんに目立った症状が出ていないかチェックすることも忘れないでください。

発熱、嘔吐がある

ウィルス性、細菌性の胃腸炎の可能性があります。
また、インフルエンザの場合もあります。
人の多いところへ出かけた、周りに感染した人がいる、など心当たりのある場合は注意が必要です。

病院ですぐに診察してもらいましょう。

じんましんが出ている

アレルギー症状が出ているかもしれません。
離乳食で初めて食べたものに、アレルギー反応を起こしている可能性があります。

危険な場合もありますので、すぐに病院で診てもらいましょう。

機嫌が悪い

下痢の時の赤ちゃんの機嫌の良し悪しは、要チェックポイントです。
赤ちゃんの機嫌が悪く激しく泣く場合は、痛みを感じている場合が多いです。
下痢による腹痛や、お尻がかぶれて痛い場合などがあります。

うんちの色が普段と異なり(白、赤、黒など)、ギャン泣きを繰り返す場合は、早急に処置が必要なこともありますので、すぐ病院へ行きましょう。

唇や口の中が乾燥している

下痢が続くと、体内の水分を急激に排出するので、脱水症状になりやすく注意が必要です。
唇や口の中が乾いている場合、水分不足の可能性があります。
マメに水分補給させてあげてください。

他にも、おしっこの回数が少ない、泣いた時に涙が出ない、お腹の皮膚がしわしわである、といった症状があれば、脱水症状の恐れがあります。

軽度であれば家で気をつけて様子を見ていて大丈夫ですが、ぐったりしている、手足が冷たい、大泉門が凹んでいる、といった症状があれば危険です。
脱水症状が中度以上に進行している場合がありますので、病院へ行きましょう。

【お子さんの日焼け対策は大丈夫?】
子供の紫外線対策!日焼けの影響で皮膚がんやアレルギーに。帽子や服でuvカット

 


スポンサーリンク


 

病院に行く目安

赤ちゃんを病院へ連れて行くのは大変ですよね。
下痢の症状があるとはいえ、長い待ち時間や、他の病気を移されないか心配…など気を遣うことが多い病院。

自宅で様子を見てケアすれば良い場合と、すぐにでも病院で診察してもらった方が良い場合の目安について、ご紹介します。

赤ちゃん聴診器

赤ちゃんが下痢と並行して、下記の症状が見られる場合は病院へ行きましょう。

【病院へ行くべき症状】
  • 1週間以上下痢が続いている
  • 嘔吐が続いている
  • 機嫌が悪い
  • 38.5度以上の熱がある
  • うんちの色がいつもと違う
  • うんちの臭いがおかしい(酸っぱい臭い、腐ったような臭い)
  • おしっこが6~8時間以上出ていない
  • 口の中、肌が乾燥している
  • 水分を摂らない
  • 痛みを訴える
  • 唇が紫色になったり、けいれんを起こす
  • じんましんが出ている

 

下痢の時の離乳食や母乳は?

赤ちゃんが下痢になった時、離乳食はストップした方が良いのでしょうか?

下痢のみで機嫌も良く、食欲がある場合は消化の良いものを食べさせてあげましょう。
おかゆ、やわらかく煮た豆腐、野菜スープなどがいいでしょう。
すりおろしたりんごもオススメです。

脂肪分が高い食べ物や、初めて食べる食材などは避けてください。
冷たい食べ物(アイスなど)、繊維質の高い食材(ごぼう、豆類など)、砂糖がたくさん入ったもの(ジュース、プリンなど)も避けましょう。

母乳を与えるのは問題ありません。
ただし、お母さんも食事に気をつけ、乳製品や脂っぽい食べ物は控え、母乳の質に気を配るようにしましょう。
母乳には鎮静効果もありますので、下痢の赤ちゃんに飲ませてあげるのは良いとされています。

粉ミルクは1回に与える量を、半量にしてあげるようにします。
下痢の際は脱水症状になりやすいので、水分補給として粉ミルクの代わりに白湯をマメにあげると良いでしょう。

乳糖不耐症によって下痢を引き起こしている場合は、乳糖を含まない粉ミルクにするなど、対処が必要になります。

赤ちゃん食べる

 

いかがでしたか?赤ちゃんは体の構造がまだ未熟なため、下痢になりやすいものです。

下痢が続くと、お尻がかぶれて真っ赤になってしまったり、水分が体の外へ出て行ってしまうため、脱水症状に気をつける必要があったりと、心配ですよね。

私も子供達が下痢になるたびに、不安になって母や病院に電話で相談したものです。

うんちは、赤ちゃんの体調を知るための大事なサインと言えます。
おかしいな、と感じたときはもちろん、日頃から気をつけて観察してみてください。
色や臭いに異変があれば、今回ご紹介した見分け方を参考に、病院を受診する目安にしてくださいね。

 


スポンサーリンク


 

 - 健康・病気 , ,