シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

赤ちゃんの便秘マッサージと体操。お腹パンパンを解消するやり方

   

赤ちゃん便秘

赤ちゃんの便秘に悩んでいませんか?
やっと出産が終わったかと思えば、怒涛の育児が始まります。赤ちゃんもお母さんも初めてのことだらけで、これでいいのかなと不安になったり、心配があとを絶ちませんよね。

ママなら必ずといっていいほど、一度は赤ちゃんの便秘について悩んだことがあるのではないでしょうか。赤ちゃんが便秘で苦しい思いをしているとかわいそうですよね。できれば薬に頼らずに便秘を解消してあげたいところです。

ここではいくつかの便秘解消のマッサージをご紹介します。どれも簡単なので、すぐ実践して赤ちゃんの便秘を解消してあげましょう。

 


スポンサーリンク


 

便秘解消マッサージと体操のやり方

赤ちゃんに食欲があり機嫌よく過ごせていれば数日は問題ありませんが、お腹がパンパンになってくると心配ですよね。私も赤ちゃんの便秘が心配になり、病院で相談したこともありました。うちの赤ちゃんも離乳食開始頃から便秘になりやすくなりました。

まだ赤ちゃんには自分で排便する筋力などが整っていないため、お母さんがマッサージや体操をしてあげて便秘解消のお手伝いをしてあげるとよいでしょう。

【赤ちゃんの下痢におすすめの食事はコチラ】
赤ちゃんの下痢が続く時の食事。母乳や離乳食などおすすめの食べ物

 

「の」の字マッサージ

【「の」の字マッサージのポイント】
  • 赤ちゃんを仰向けに寝かせます
  • 手のひらで、おへその周りに「の」の字を2,3回描く

手のひらを使い、ひらがなの「の」を書くように時計回りに優しく撫でるようにします。指三本で軽く押すようにすると少し刺激を強くすることができますが、赤ちゃんもお腹がパンパンで苦しいかもしれないので、優しく撫でるようにマッサージするのがポイントです。

手が冷たいと赤ちゃんがビックリしてしまうので、手を温めてからやるようにしょう。服の上からだと押しすぎてしまうこともあるので、ベビーローションやベビーオイルなどを使って、直接お腹をマッサージすると赤ちゃんも気持ちいいかもしれません。

 

綿棒浣腸マッサージ

【綿棒浣腸マッサージのポイント】
  • 綿棒にたっぷりのオリーブオイルやベビーオイルをつける
  • 綿棒を1~2cm挿入し、円を描くように動かす

綿棒はまっすぐ持ちます。入れるときはゆっくり優しく、赤ちゃんの機嫌の良い時に行いましょう。

 

足のストレッチマッサージ・自転車マッサージ

【ストレッチ・自転車マッサージのポイント】
  • 赤ちゃんを仰向けに寝かせます
  • 赤ちゃんの足を持って片足ずつ太ももや膝で軽くお腹を押す

お腹に直接触れなくても、片足ずつ回してあげるだけでも腸への刺激になります。赤ちゃんの機嫌が良いときに体操がてらに遊びの感覚で行えば、お母さんも楽しく出来そうですね。便秘をきっかけにスキンシップを増やしてみてはいかがでしょう。

 

おしりのマッサージ

赤ちゃん眠り

【おしりのマッサージのポイント】
  • 赤ちゃんを仰向けに寝かせます
  • 赤ちゃんの両足を片手で持ちあげます
  • 肛門の少し上を軽くトントンたたいたり、指でかるく押してあげます

おしりマッサージを行う場合は清潔な手で、軽く押すのがポイントです。爪がささったりしないように注意しましょう。

 

5本の指マッサージ

赤ちゃん手のひら

【5本の指マッサージ】
  • 赤ちゃんを仰向けに寝かせ、お腹に優しく手を置きます
  • 親指から順番に力を入れて優しく押してあげましょう

何回か繰り返すと便秘解消に効果的です。1cm程度お腹がへこむくらいの力で行いましょう。これは簡単なので、おむつ替えのタイミングなどで日常的に行えば便秘の予防にもつながりますし、赤ちゃんの笑顔も見ることができて楽しい時間になりますよ。

 


スポンサーリンク


 

マッサージや体操のタイミングはいつ?

新生児期には7~8回ウンチをしますが、段々回数は減ってきます。内臓の機能も発達してきて、体内にうんちを溜めることができるようになるのです。赤ちゃんの時期にもよりますが、一週間前後出なくても赤ちゃんの機嫌が良く、たくさん飲んでいるようならそれほど心配はいらないでしょう。

ではいつ体操やマッサージをしてあげるかというと

  • お腹が張っている
  • 泣いている要因も一つずつ解消してもまだ泣いている
  • 一週間前後便がでていない

こんな時はお腹が苦しいのかもしれません。そんなときはコミュニケーションの一つとして、赤ちゃんにマッサージをしてあげましょう。

タイミングとしては、お風呂で温まると内臓の動きも良くなるので、石鹸を泡立てて洗ってあげるときにマッサージをしたり、お風呂上がりにクリームを塗りながらマッサージをして便秘解消を促してあげましょう。

でも赤ちゃんが嫌がるようならやらないことが大切です。赤ちゃんの機嫌がよく、リラックスしているときにスキンシップの一つとして取り入れましょう。また母乳やミルクを飲んだ直後にお腹を押すようなマッサージをすると吐いてしまうこともあるので、飲んだ直後は避けるようにしましょう。

【赤ちゃんの下痢を見分ける方法について】
赤ちゃんの下痢の見分け方。いつまで様子見?病院に行く目安は?

 

いかがでしたか?
赤ちゃんの便秘はあまり神経質になり過ぎなくていいのかなとは思います。でも苦しいとかわいそうなので、歌を歌ったりお話したりしながら、ここで紹介したマッサージを日常的に行うようにしています。日常的にマッサージを行うことで便秘予防にも繋がります。

あなたの赤ちゃんもママとのマッサージを楽しんで早めに便秘が解消されるといいですね。

母乳が足りないとか、離乳食を始めて水分量が減ると便秘になりやすいようなので、マッサージ以外でも改善できる点はありそうです。赤ちゃんの様子を毎日よく観察しながら、笑顔の毎日を送れるようにしましょう。

 


スポンサーリンク


 

 - 健康・病気 , , , ,