シュフトモ知恵袋

生活に役立つ情報と、ワクワク♪する毎日をあなたに!

*

七五三はいつやる?男の子は損してる?数え年や早生まれの考え方

   

七五三男の子

七五三は子供の成長を祝う秋の行事です。

お子さんがいる家庭では、七五三の写真撮影の予約やお参りの予定を考えたりすると思いますが、年齢や時期について、よくよく考えてみると疑問に思う事ありませんか?

七五三のお参りの時期はいつがいいのか、男の子の七五三は5歳だけでいいのか3歳もやるのか、年齢は数え年と満年齢どっちでやるのか、早生まれの子はどうしたらいいのか・・・

普段あまり意識していないことだけに、いざ七五三の準備をする段階で疑問が湧き出てきます。

そこで今回は、男の子の七五三は何歳でやるのか、時期はいつ頃がいいのかについて詳しくお伝えしていきます。

 


スポンサーリンク


 

七五三はいつやる?男の子は損してる?数え年や早生まれの考え方

① 七五三とは

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の11月15日に特別な晴れやかな服装で神社や寺などに参拝し、子どもの成長を祝う日本の年中行事です。

七五三の由来は、天和元年(1681年)11月15日に江戸幕府第5代将軍徳永綱吉の長男である徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力です。

元来は関東におけるお祝い行事でしたが、次第に関西にも広まり、現在では全国的な年中行事として行われています。

 

② 男の子は何歳?損してる?

男の子の七五三は3歳と5歳の時に行います。

七五三とは、字のごとく子供が7歳、5歳、3歳の時に成長を祝う行事ですが、
男の子と女の子でお祝いする年齢が違います。

●男の子の七五三
3歳の「髪置(かみおき)のお祝い」:髪をこの日から伸ばし始める儀式
5歳の「袴着(はかまぎ)のお祝い」:初めて袴を着ける儀式

●女の子の七五三
3歳の「髪置(かみおき)のお祝い」:髪をこの日から伸ばし始める儀式
7歳の「帯解(おびとき)のお祝い」:帯でしめる着物に替える儀式

上記のように、お祝いする年齢が違いますが、男の子も女の子も一生のうちに2回、七五三のお祝いをします
なので、男の子が損をしているということはありません

 

③ 数え年と満年齢

数え年と満年齢の違い

数え年:生まれた年を1歳として1月1日を迎えるごとに加齢します
満年齢:生まれた年を0歳として誕生日を迎えるごとに加齢します

日本は古くから年齢を数える時には数え年が使われていましたが、明治6年2月5日「太改官布告第36号」の公布により、満年齢を使用するようになりました。

七五三の行事ができたとされる江戸時代では数え年しか使われていなかったため、数え年で七五三のお祝いを行っていましたが、現在では満年齢で行うことも多くなりました。

基本的に数え年、満年齢どちらの計算で七五三を行ったとしても、何ら問題はないとされ、神社や寺などでの七五三祈願でも、数え年、満年齢どちらで行ってもよいとされています。

七五三早見表:2016年(平成28年)

【3歳】
数え年:2014年生まれ(平成26年生まれ)
満年齢:2013年生まれ(平成25年生まれ)

【5歳】
数え年:2012年生まれ(平成24年生まれ)
満年齢:2011年生まれ(平成23年生まれ)

【7歳】
数え年:2010年生まれ(平成22年生まれ)
満年齢:2009年生まれ(平成21年生まれ)

 

④ 早生まれっていつからいつまで?

早生まれとは1月1日から4月1日生まれまでをいいます。

早生まれの男の子の場合、3歳の七五三は満年齢で2歳(数え年では3歳)でお祝いするか、お子さんの成長によっては、1年後の満年齢3歳(数え年では4歳)でお祝いします。

 


スポンサーリンク


 

⑤ 七五三の時期はいつ?何月にやるの?

七五三のお参り時期は本来はいつ?

七五三は本来、11月15日に行われる行事です。

旧暦の15日は鬼が出歩かない日に当たり、何事をするにも吉であるとされていました。さらに旧暦の11月は収穫を神に感謝する月でもあることから、七五三を11月15日に行い、子供の成長を氏神へ感謝し、加護を祈るようになったのです。

しかしながら、近年では11月15日にこだわらず、お祝いやお参りを行うことも多くなっています。

 

七五三を9月、10月、12月にやっても良いの?

七五三を9月、10月、12月にやることは、基本的に大丈夫です。

最近では、ご両親の仕事の都合や混雑を避けたいという理由などから、必ずしも七五三を11月15日に行うのではなく、10月上旬から11月後半の都合の良い日に変更してお参りされている方も増えています。

神様は、いつお参りに行っても受け入れてくださるという考えからのようです。

なので七五三のお参りは、ご家族の都合のよい、天候の良い日に行かれることをお勧めします。

では実際に、七五三のお参りをいつごろにするのがベストなのか、月別に利点や注意する点を見てみましょう。

 

七五三のお参りを9月に行う場合

9月
七五三のお参りは10月中旬から11月前半頃に行く方が多いのですが、9月に行く方もいます。七五三のお参りは9月に行っても大丈夫です。

9月ですと、七五三の参拝客も少ないので、神社での待ち時間も少なく、ゆっくりお参りできます。

ただ、9月は台風の時期であったり、残暑が厳しかったりと、天候の不安が残ります。暴風雨や暑いなか着慣れない着物でお参りするのは、小さなお子さんはもちろん、お母さんたちも大変かもしれません。

 

七五三のお参りを10月に行う場合

10月
最近では混雑する11月を避けて、七五三のお参りを10月に行う方が増えています。七五三のお参りは10月に行っても大丈夫です。

10月は涼しくなり、気候も安定しますので、小さなお子さんでも着物姿でのお参りが楽になります。お子さんのご機嫌を損なわずにすみそうです。

ただ、10月も中旬を過ぎると多少混雑しますので、10月に七五三のお参りをするのであれば、前半までに行かれると良いです。

 

七五三のお参りを11月に行う場合

11月
11月15日までにお参りする方が多いのですが、11月15日を過ぎてから七五三のお参りに行く方も珍しくありません。

11月15日やその前の土日・祝日はとくに七五三参りで神社や寺は大変混雑しますので、ピークを過ぎる11月の後半にゆっくりとお参りするのも良いですね。

また、午前中は大変混み合いますので、混雑する時間帯をさけてお参りするのをお勧めします。

さらに、七五三ピーク時には神社近辺の飲食店やホテルも大変混雑します。有名な神社近辺では予約も取りづらくなるので、早めに予定を立てて予約することをお勧めします。

 

七五三のお参りを12月に行う場合

12月
11月までに参拝が出来ない場合、12月の初旬に参拝する方もいらっしゃいます。七五三のお参りは12月に行っても大丈夫です。

七五三のお参りの時期から外れるので、神社や寺は混雑せず、ゆっくり、のんびりお参りができます。また、トイレや近隣の飲食店も空いているので、長時間待つというストレスを小さなお子さんに与えずにすみます。

ただ、寒い時期ですので雪になることもあり、天候には注意が必要です。
地面が凍結することもあるので、履き慣れない下駄や靴で滑らないように、寒さで風邪をひかないように、防寒対策をしっかりしましょう。

9月から12月までの月別で七五三の参拝の利点や注意点をご紹介しましたが、大切なのは子供の健やかな成長を祝う気持ちです。

七五三のお参り時期を気にし過ぎず、ご家族皆さんにとって無理のないスケジュールで行うことが一番だと思います。

 

七五三のお参りは仏滅や喪中でも大丈夫?

喪中

七五三のお参りは仏滅に行っても大丈夫です。

日本ではお祝いをする時は大安が良いという風潮があり、七五三のお参りもやっぱり大安の日に行きたいと思われる方は多いですよね。

また、せっかくのお祝いだから、仏滅はどうかな・・・と気になさる方もいるのではないでしょうか?

そこで、「大安」「仏滅」などの六曜について少しご説明します。

 

大安や仏滅などの六曜とは

六曜とは「先勝」、「友引」「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の6種をいいます。

中国で生まれたと言われている六曜が日本に伝わったのは鎌倉時代末期から室町時代です。当初は現在でいう曜日にあたるものでしたが、江戸時代の終わり頃から、現在のように吉凶を表すものになったそうです。

これは主に賭け事など勝負に関する運勢が定められています。

神社へのお参りは大安がいいなど、六曜で決める方がいますが、一般的に神社参拝に六曜の考え方は全く必要ないものです。

先にも述べましたように、神様は、いつお参りに行っても受け入れてくださるという考えからのようです。
なので、七五三のお参りが仏滅になっても気にする心配はありません。

 

次に喪中の七五三についてですが、結論から言いますと、喪中のお参りは大丈夫ですが、忌中のお参りは避けた方が良いです。

 

喪中と忌中の違い

忌中も喪中も身内の死に際して身を慎む期間をいいます。
期間の目安としては、忌中は肉親や親戚の死後四十九日、喪中は一年間となります。

愛する身内を亡くした方が、沈み暗い気持ちで神様と接するのは避けた方が良いという理由で、忌中期間中は全ての祝い事を控え、神社への出入りも控えるという風潮が広まっています。

一方で、忌明けから少しずつ元の生活に戻っていく準備をするのに必要な期間が喪中です。これは、愛する身内を亡くした悲しい心を1年かけて元通りの心に戻すための期間です。いつまでも悲しみにばかり暮れてはいられません。

なので、今まで控えていた神社への参拝や神棚のお参りなどを行っても良いとされています。

 

忌中や喪中の七五三の記念撮影について

忌中や喪中の場合に七五三の記念撮影することは問題ありません。

忌中や喪中での七五三をどうするのか、一般的な考えをもとに判断するのも大事ですが、一番大切なのは、ご家族皆さんのお気持ちです。

ご両親やおじいさま、おばあさま皆が、お子さんのために笑顔で楽しめる七五三にしましょう。

 

まとめ:男の子の七五三は何歳?時期はいつ?

いかがでしたか?

七五三をテーマに、男の子が七五三を行う年齢や参拝の時期をご紹介させていただきました。年齢の数え方など知ってるようで、意外と知らなかったこともあったのではないでしょうか?

では、最後にもう1度まとめておきます。

1.七五三とは

2.男の子は何歳?損してる?

3.数え年と満年齢の違い

4.早生まれっていつからいつまで?

5.七五三の時期はいつ?何月にやるの?

子どもの健やかな成長を感謝、祈願する七五三。
皆さんの心に一生残る素敵な時間が過ごせますように。

当記事がお役に立てれば幸いです。

 


スポンサーリンク


 

 - 七五三, 通年行事 ,